最近のブログ

ふたりめ?2018年2月21日

先日、育児をテーマにしたトークセッションに参加してまいりました。タイトルは「新潟ふたりめ会議」。5児の父としても知られる、タレントの「つるの剛」さんをメインゲストにお迎えして、ふたりめの子を望む親御さんの背中を押そうというイベントです。実はわたくし、このイベントの直前にふたりめが誕生し、滑り込みで、二児の父として参加することとなりました。今回のテーマである、ふたりめ。イベントに先駆けて行われたアンケートから、ほしいけれど踏み切れない…、という方が非常に多いことが示されました。ではふたりめの壁、となっているのはなにか。経済的な要素であったり、公的な支援が不十分と感じること、夫婦関係の変化などご夫婦によって様々。安心して、そして自信を持って二人目を持つのはなかなか難しい世相といえるようです。

 

では二人目を持つことで人生はつらく苦しいものになるのか。
個人的にも非常に興味の深いテーマでしたが、ここで示されたのが「子どもの人数と両親の幸福感」の相関を示すアンケート結果。ここでは、子供の数が多いほど、両親の幸福感が高いという結果が出たのです。私も少なからず安心。幸福だから子供が多いのか、子供が多いから幸福なのか、読み方は様々なのだと思いますが、すくなくとも各々の要素がともに比例関係にあることをデータは示しています。

 

ちなみに私個人を振り返ってみると、ふたりめが生まれたことで一人目の成長を確認することができましたし、姉妹のかかわりを見ることができるようにもなりました。家庭の幸福度は増していると実感しています。ふたりめの出生によって、一人の姉と一人の妹、二つの人生が新たに始まったと言い換えることができるのならば、めでたさも二人分。幸福度が増すとする一定の根拠といえるのではないでしょうか。

ただ、育児の負担を家内にかけすぎているので、不幸な母が誕生してしまう可能性は十分あるわけで、その点は私がどの程度貢献できるのかにかかるわけですね。自信ないけど…。では私の行動や考え方をどう変えればいいのか。
そのヒントがつるのさんのトークにありました。

なぜ、5人のお子さんに恵まれ育児に参加するのか、その理由をつるのさんは「自分の奥さんからモテたいからだ」と説明しました。考えてみたこともありませんでした。つるのさんマジかっこいい。いい男は奥さんからモテてるんだ。そりゃかっこいいわけだ。

 

いまでは育児タレントとしてのイメージも定着したつるのさん。ですが「はじめは手探りのところから育児が始まった」とおっしゃっています。言われてみれば当たり前ですが、この一歩を踏み出すかどうか、が奥様からもてるか否かの分かれ目ということなんですね。一から出直そう。

 

そういえばうちの妻、数年前に「私ツンデレになる」といったきり、その後「ツン」しかだしてこない。子供のおしめを換え夜泣きをあやし、可能な限りわが子に尽くそう。「デレ」が見られるその日まで。

空き時間をまるかじり2018年2月2日

出張中で大雪に巻き込まれた。
電車も運転見合わせ。

もうどうしようもない。
ただ待つことしかできない。

そんな私を救ってくれたのが誰あろう「東海林さだお」大先生である。

あらゆる料理を題材に軽快な語り口で深い(場合とそうでない場合があるが)洞察を加える、
名著「まるかじりシリーズ」を駅の売店で買っておいたのだ。

ナイス!自分。

 

新刊は、

いちじくを通して利己的社会を批判し、
目玉焼き界の隠れキリシタン「ソース派」の救済を説き、
枝豆と空豆のライバル関係から格差社会を風刺する。

縦横無尽に食と世を切るのである。

 

最大の魅力は、
下らないことを真面目に考察するその豪腕と、
真面目なことをふざけて語る身軽さだ。

これがユーモアでなくてなんだというのだ。

いつなんどき読んでも笑っちゃう。

じぶんこんなに笑顔になれるんだ!っていうぐらい笑顔になっているのがすごい。
疲れたアラフォーおじさんを百発百中で笑顔にするなんてなかなかできないでしょ。

微笑みながら読み進めると、「おっさんキモイ」という視線がどこからともなく飛んでくる。

それがどうした。

奇異の眼差しをものともしないメンタルを鍛えることができるのだ。

もはやメリットしか存在しない。

1冊で1時間はたっぷりたのしめる。

旅のお供はこれしかない。

ただひとつだけ惜しかったのは電車が3時間停まったことだ…。

 

しかたないもう一度読むか…
2回読んでも面白いやないかい!!

 

役に立つのはスマホの交通情報だろうが。
笑顔はくれまい。

やっぱりまるかじりシリーズだ。

今年もよろしくお願いいたします2018年1月20日

今年もよろしくお願いいたします。

お正月も過ぎて、もう1月下旬。
光陰矢のごとし!

ところで
NST50周年PRご覧いただけましたか?

流れゆく映像を眺めながら歩く私。

「未来への希望を目にし笑顔をたたえる男」を
演じてみましたが…

「きょろきょろしながニヤつくO脚のサラリーマン」
みたいな感じにしかなっていなかったので
演じるって本当にすごい!と思いました。

そんな私も50周年さらにいい番組を作ってまいりたいと思いますので
今年もよろしくお願いします。

2017年 お世話になりました。2017年12月29日

皆様

2017年も大変お世話になりました。
皆様のおかげをもちまして大変充実した年となりました。

2017年の思い出をいくつか書き記してまいりたいと思います。

担当番組「スマイルスタジアム NST」で
主題歌を「HY」に作っていただくことができました。
沖縄でのレコーディングまで取材させていただいたことは本当にうれしくて、素敵な思い出でした!
うれしい、楽しい、という以上にいまだに「純粋にびっくり!」ですね。
「HY」ですよ!「HY」!!

新潟の風土を感じてそこから新潟のイメージを膨らませて曲にしてくれたHY。
作曲のプロセスを番組を通じて追うことができたのはとてつもなくいい経験でした。

アーティストってすごい!!

そして毎週オープニング「HAPPY SHOWER」がかかるたび
「スマスタすごい!!」と思いながらテンションあげてます。
(手前味噌ですみません)

別に自分の番組すごいだろ!!といいたいわけではなくて…
皆様のおかげで2017年も無事締めくくれそうです、ありがとうございます!
と申し上げたいのです。

今年1年で
本当に新潟の皆さんに番組を愛していただいているなと実感することがとても多いんですよね。

取材先や私生活の中、様々なところで
「スマスタ見ているよ」と声をかけていただくことも増えたように思います。

皆さんに「いつもスタジオでいじられてるね」といじられる、そんな時間も幸せです。
その辺で見かけたらご遠慮なさらずいじってください。
(大して面白い返しできないですけど。)

そうしてみなさんに番組を育てていただいた、
その一つの成果がHYのテーマソングだったんじゃないかな、
なんて感じることができた1年です。

こういう番組に自分がかかわっているのが改めて不思議に感じるほどです。

私はどちらかというと自分自身を
「アナウンサー」というより「サラリーマン」と認識しているタイプで
実際に顔や姿が出る番組がそんなに得意じゃありません。
テレビのお約束、スタッフの求める面白さ、みたいなのが全然くみ取れないんですよ。
(大して面白い返しができないわけです)

だからスマスタに関しても毎週戸惑っていて
「俺いま何やってるんだろう?」とスタジオであたふたしているうちに
気づいたらみなさんに楽しんでいただけていた、みたいな感じです。
(大して面白い返しができないのに)

2018年が迎えられるのも皆さんのおかげです。
新しい年も変わらずお付き合いいただければ幸いです。

あすは2017年最後のスマスタOAです。
ぜひご覧ください。

おさんぽジャパン2017年12月29日

年明けの「国分太一のおさんぽジャパン」(※毎週(月)~(金)11時25分放送)は新潟から!

国分太一さんが新潟をおさんぽします。

ロケの様子です

ロケの様子です

 

新潟市~長岡市を歩いた国分太一さん。

地元の文化に触れ、新潟が誇る食やお酒を堪能します。

 

新潟のおいしいものをご紹介しました

新潟のおいしいものをご紹介しました

 

 

私もロケにお邪魔して長岡市をご案内してまいりました。

自慢の食やお酒を楽しんでいただいたその様子を

ぜひオンエアでご覧ください!

 

 

放送日は

 

2018年  1月4日(木)~1月19日(金)  午前11時25分~

 

3週にわたっての放送です。

お楽しみに!

 

NST開局50周年PRを撮影しました2017年12月25日

NST開局50周年

来年12月16日でNSTは開局50年を迎えます。

そこでNSTアナウンサー・キャスター陣が
NST開局50周年PR素材を撮影しました。

楽しみながら撮影に挑むメンバー

楽しみながら撮影に挑むメンバー

動きや表情を決めないといけない、という撮影は
普段の仕事にはあまりないものなので意外と難しいもの…。
かなり手こずったメンバーもいたようです…。

手こずったメンバー

手こずったメンバー

たとえば写真の松尾アナ・井上アナのこの動きも
どんな映像になったのかぜひオンエアをご覧ください。

何に見えますか?

何に見えますか?

PRの放送は
2018年1月1日からです。

変身願望2017年12月6日

人々が心に秘めるささやかな願い。
その願いをかなえてくれる身近なツールが、「顔ハメパネル」だ。

私は顔ハメパネルがあれば一応ハメてみることにしている。
顔さえハメれば、戦国武将やアニメキャラ、動物にだってなれる。

こんな顔でも少しだけ自分を好きになれる不思議なツール、
それが顔ハメパネルだ。

そんな私がお勧めしたいのが
県庁1階に鎮座する「レルヒさん顔ハメパネル」(勝手に命名した)だ。

投稿末尾の画像をご覧いただきたい。

本来ならばキャラの顔部分に己の顔をはめさせ、
なりきり気分を味わわせるのが「顔ハメパネル」の使命のはず。

が、このパネルはレルヒさんの顔面を温存し帽子の部分に人間の顔をハメさせるのだ。

結果レルヒさんの額付近に私の顔面がめり込む格好になる。(画像のように)

かつてない顔ハメスタイル。
これは「顔ハメパネル」などではない
「レルヒさんメリ込み」パネルなのだ。
私たちは

「レルヒさんになる気分」を味わうのではない。
「レルヒさんの一部となる気分」を味うこととなる。
レルヒさんはレルヒさんであり続け、私は私でなくなり尽くす。

存在(実存)があって意味(本質)が生じるのか
意味(本質)があって存在(実存)することができるのか、
そんな哲学的主題すらどうでもよい。

もはや私などレルヒさんの一部になるために生まれてきたにすぎないのか?

壊れそうな心を抱えながら己が生まれてきた意味をそっと問いかけて
闇の中を彷徨い歩く90年代のビジュアル系バンドさながらに自分を見失うひと時を味わう羽目になる。

ところがである。
打ちひしがれつつ鏡を見ると「自分が自分である」ことに気づくのだ。
そして得られる大きな安堵感。

ここまで自己肯定的になれたことがあっただろうか。

いい年をして変身願望などかなえている場合じゃないのだ。
そろそろ自分の顔を、そして人生を受け止めなければいけないのだ。
何者かであろうとするからこそ自分を失い続けたのだ。

実存も本質もすでに自分は手にしていたのだ。

レルヒさん、ありがとう!!
大切なことを教わりました。

県に税金納めていてよかったです。

もう顔なんてハメないなんて言わないよ絶対!

まあつまり「顔ハメ楽しいよ」っていうことです。

というわけで
レルヒさんへの親しみと、自尊心と、納税の喜びとを同時に手に入れることができたので

一度は顔をはめてみることをお勧めします。

KIMG0122n

魔界の植物 最終話2017年8月25日

あのハエトリソウ。
実はその後全身真っ黒に染まり…。

 

枯れました。
 

全然魔界の力なんて蓄えてませんでした。
もっと早く気付いてやれればよかったのですが…。
どうすることもできませんでした。

映像的にも怖すぎるのでアップするのをやめておきます。
トラウマレベルの恐ろしさでございました。

隅々までどす黒く染まって口を開けたまま倒れるハエトリソウ。
夢に見そうです。

しかし恐ろしさ以上に申し訳なさでいっぱいです。

いったい何がいけなかったんだろう?と

再度食虫植物について書かれた書籍を手に取りました。

すると…。

 

「通常は水のみで育ちます。虫は必要ありません」

 

だからそれは最初に書いてよー!
なんならハエトリソウのパッケージにも書いて欲しかったよー!!

もう「ハエトラナクテモイイソウ」にしちゃえよ!名前!!

 

どす黒くなったのは魔界の力じゃなくて
ただの水不足と無理に餌を食わされたダメージでした。

本当に申し訳ありません。

私は死後「ハエトリソウに食われる地獄」に落ちるのだろうか…。

ハエトリソウにかじられ、消化されるまで痛みと恐怖に苦しみ続けるのか。

恐ろしい罪を犯してしまった。

この苦しみにさいなまれ続けて生きるのか。

 

でもまてよ…ハエトリソウは餌食べなくてもやっていけるんだった。

地獄で食われることはないか…。えへへ。

 

いやいやまて、「ハエトリソウに水をやり続ける地獄」に落ちる可能性は残ってるか…。

それも地味にいやだな。

 

ハエトリソウが枯れると鬼たちに強烈に痛めつけられたりしてな…。

でも針山地獄よりましかな?

 

いやいやいやまて、針山地獄に落ちた奴から

「草に水やりしてるだけで楽してるんじゃねえのか?」なんて因縁つけられて

休み時間に(あるのかどうか知らないけど)

体育館の裏(あるのかどうか知らないけど)に呼び出されてボコられたりするかもな。

 

地獄に落ちてまで思春期レベルのビビりを抱えつつ苦しむなんていやだ!!

 

…枯れてもなお私の心を苦しめる「ハエトリソウ」。

私は今後、地獄の恐怖に怯えつつ生きるしかないのだ。

 

これが魔界の力…。

ハエトリソウ…あの「口」は地獄の入り口だったのだ。

魔界の植物 その③2017年8月9日

更新が遅れました。

ヨーグルトを与えたハエトリソウは数日後…
このような姿に。

KIMG0072

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが
一部が黒みを帯びてまいりました。

ふちとそこから生える毛がどす黒く…

完全に魔界の力を蓄えています。
黒々とした悪の力を。

この黒さと凶悪さ!
自宅でこの植物が育っていることに改めて恐怖を感じたぜ…

我ながら怖い。

白髪が増えてきた私にとって毛が黒くなるなんてうらやましい。
魔界の力を分けてほしいものだ。
なんとか悪魔になる方法はないか?老化求められはしないか?と
グーグルを使い「悪魔 プロフィール」で検索してみた。

検索の最上位に掲載された悪魔のプロフィールが

・帰国子女
・英語がペラペラ
・ゴジラの鳴きまねコンテストで優勝
・カラオケでは「与作」が十八番
・やくみつる氏の後輩
・相撲が大好き
・閣下と呼ばれている

…デーモン小暮閣下やないかい!

グーグルが「悪魔」の筆頭として認めたのが
なんとデーモン小暮閣下。

すごすぎる!!

英語も話せなきゃ与作も歌えないゴジラの鳴きまねもできないような私が
おいそれと悪魔を目指しちゃいけないんだ…。

かくして魔界の植物を通じ
アラフォー会社員の身の程と
デーモン閣下のすごさを思い知ることになった。

魔界って厳しい。

おとなしく白髪染めを買いに行きます。
閣下みたいに金髪は無理なので…。

魔界の植物 その②2017年7月12日

 

KIMG0065「チーズ」は有効なエサだ

 

との情報を得た。

 

ハエトリソウはタンパク質に反応して消化酵素を出すとのことで

チーズのような乳製品はうってつけとのこと。

 

しかし冷蔵庫にあったのはヨーグルト。

 

まあ、乳製品には変わりないし、

なんといっても消化によさそうだ。

適度なとろみもあるので食べさせやすい。

 

チーズではないがこれでも問題なかろう。

意外と免疫力が強化されて風邪をひきにくくなったりするかもしれない。

栄養をつけて魔界の力を取り戻してほしいところだ。

 

パクリとヨーグルトを平らげたハエトリソウ。

ご満足いただけただろうか。

 

消化には数日かかるということなのでその様子を見守りたい。

 

 

魔界の植物2017年6月22日

ハエトリソウを手に入れました。

 

子供のころからあこがれていた「禁断の植物」KIMG0063

寄生獣っぽい。

ぜひダイナミックな捕食を見せてもらいたいものだ。

 

魔物らしく禍々しい名前を付けようと意気込んだが。

「パクりっち」(長女命名)に落ち着いた。

まあ魔物じゃないからそんなもんだ。

 

ところがこのパクりっち。

自慢の葉が閉じっぱなしで元気がない。

 

調べてみると

 

○葉の開閉には大きなエネルギーが必要

○開閉を繰り返すと疲弊して枯れる原因となる

とある。

 

魔界の植物じゃないからハエを取るのも命がけなのだ。

 

彼らは店に売れ残った1鉢だったので

売り場でお客さんたちにつつきまわされたと見える。

かわいそうに。

なんとかしようと文献をさらに読み進めていくと

 

○葉が閉じて元気のないハエトリソウは購入しないこと。

なにそれ。

もう買っちゃったよ。

そこを何とかする方法を載せるのが実用書じゃないの?

「そもそも論」を述べる人って人の気持ちがわからない奴が多いよね。

 

 

 

そもそもハエトリソウの選び方を知ってるぐらいなら

お前の書いた本なぞ読まんのだ!

 

あ…私も?

 

言われてみれば私も人の気持ちがわからない…。

正視できない現実を突き付けられてしまった。

 

 

ハエトリソウは人間の本質を問う魔力を秘めていた。

やはり魔界からやってきた植物なのだ。

 

 

 

ハエトリソウ売り場の皆様へ

「触らないでください」の表記をお願いいたします。

 

 

 

(つづく)

スマホ壊れました2017年4月16日

こんにちは。

ここに書き込むにはふさわしくない内容ですが、
個人で利用しておりますスマートフォンが故障しました。

ラインなどが利用できません。
数日で修理が完了するかと存じます。

よろしくお願い申し上げます。

ラインのアカウントなんてもうパスワードも
登録アドレスも忘れた…。

また一からやり直しだよ…。
そのたびに友人減っていく感覚よ。

お花見したいですね、なんて話していた友人に申しないです。
スマホが直るころには確実にお花散ってます。
ごめん!

思えばラインなんて通信履歴やIDを人質にとって
「きょうから有料でーす」ってやったらそれなりに儲かるだろうに
それをやらないのは偉いと思う。

ぼくならやるな。
そういえばかつて在籍した会社でこんな伝説の先輩がいた。

山での生中継。
重い機材をスタッフで運び上げて現地へ向かう。
そこである先輩が、栄養を取れるという市販のビスケットを全員に配った。
(カロリーなんちゃらです)

疲れていたので、うれしいな、と思ったのもつかの間。
あの手のものは猛烈に口の中が乾くのだ。
そこでその先輩、
「水もあるよ」と一声。
なんて気がきく人かと思うでしょ?でも
「水は一本500円ね…」とぬかすのである。

世の中そこまでビジネスに徹することが出来る人もいたのかと
震え上がりました。

ぼくならできないな。
やっぱりラインは偉いですね。

1 2 3 4 5 6