最近のブログ

魔界の植物2017年6月22日

ハエトリソウを手に入れました。

 

子供のころからあこがれていた「禁断の植物」KIMG0063

寄生獣っぽい。

ぜひダイナミックな捕食を見せてもらいたいものだ。

 

魔物らしく禍々しい名前を付けようと意気込んだが。

「パクりっち」(長女命名)に落ち着いた。

まあ魔物じゃないからそんなもんだ。

 

ところがこのパクりっち。

自慢の葉が閉じっぱなしで元気がない。

 

調べてみると

 

○葉の開閉には大きなエネルギーが必要

○開閉を繰り返すと疲弊して枯れる原因となる

とある。

 

魔界の植物じゃないからハエを取るのも命がけなのだ。

 

彼らは店に売れ残った1鉢だったので

売り場でお客さんたちにつつきまわされたと見える。

かわいそうに。

なんとかしようと文献をさらに読み進めていくと

 

○葉が閉じて元気のないハエトリソウは購入しないこと。

なにそれ。

もう買っちゃったよ。

そこを何とかする方法を載せるのが実用書じゃないの?

「そもそも論」を述べる人って人の気持ちがわからない奴が多いよね。

 

 

 

そもそもハエトリソウの選び方を知ってるぐらいなら

お前の書いた本なぞ読まんのだ!

 

あ…私も?

 

言われてみれば私も人の気持ちがわからない…。

正視できない現実を突き付けられてしまった。

 

 

ハエトリソウは人間の本質を問う魔力を秘めていた。

やはり魔界からやってきた植物なのだ。

 

 

 

ハエトリソウ売り場の皆様へ

「触らないでください」の表記をお願いいたします。

 

 

 

(つづく)

スマホ壊れました2017年4月16日

こんにちは。

ここに書き込むにはふさわしくない内容ですが、
個人で利用しておりますスマートフォンが故障しました。

ラインなどが利用できません。
数日で修理が完了するかと存じます。

よろしくお願い申し上げます。

ラインのアカウントなんてもうパスワードも
登録アドレスも忘れた…。

また一からやり直しだよ…。
そのたびに友人減っていく感覚よ。

お花見したいですね、なんて話していた友人に申しないです。
スマホが直るころには確実にお花散ってます。
ごめん!

思えばラインなんて通信履歴やIDを人質にとって
「きょうから有料でーす」ってやったらそれなりに儲かるだろうに
それをやらないのは偉いと思う。

ぼくならやるな。
そういえばかつて在籍した会社でこんな伝説の先輩がいた。

山での生中継。
重い機材をスタッフで運び上げて現地へ向かう。
そこである先輩が、栄養を取れるという市販のビスケットを全員に配った。
(カロリーなんちゃらです)

疲れていたので、うれしいな、と思ったのもつかの間。
あの手のものは猛烈に口の中が乾くのだ。
そこでその先輩、
「水もあるよ」と一声。
なんて気がきく人かと思うでしょ?でも
「水は一本500円ね…」とぬかすのである。

世の中底までビジネスに徹することが出来る人もいたのかと
震え上がりました。

ぼくならできないな。
やっぱりラインは偉いですね。

タイプ別 ケーキの食べ方2017年3月31日

KIMG0151_20170331223834スマイルスタジアムはおかげさまで800回を迎えることが出来ました。
これもひとえに毎週ご覧くださるみなさまあってのこと。
この場をかりまして心より御礼申し上げます。

今後900回1000回の放送もみなさまにご覧いただけるよう
毎週頑張ってまいります。

夕食時、お宅の団らんに少しでもお役に立てていればうれしく存じます。

さて、800回を祝って記念のメッセージ入りケーキを会社からいただきました。
本当にありがとうございます。
社内で祝福してもらえるなんてほんとうにスマスタは幸せです。

さて、きょうの本題はここから。

古典の時間に習った
「あさまし」         意味:おどろきあきれる
という単語が妙に印象に残っているんですよね。
驚きとあきれってあんまり一緒に感じることがないよな、
この言葉必要?なんて
古典を学ぶ意義そのものを疑っていました。

ところが…。

800回放送後、記念ケーキをみんなで山分け。

仕事中の眞保アナにもケーキをおすそわけしたところ…。
おおきなケーキをまえにおにぎりを取り出す眞保アナ。

お腹すいてるんだね。
おにぎりたべて、デザートにケーキね。なるほど。

しかし次の瞬間。
おにぎり、ケーキ、ケーキ、おにぎり。
と気ままに口に運びだす眞保アナ。

飛田 「なにやってんの?」
眞保 「あー、私、甘いものとしょっぱいものを一緒に食べたいタイプなんですよ」

聞いたことねえよ…そんなタイプ。
いちごを最後にとっておくタイプ、か
いちごを最初にたべちゃうタイプ、か
かつてその二通りぐらいしか見たことないもの。

きつねにつままれたような気持ちで観察を続けると、
ケーキを食べ終わった…、とおもったら、
ちょっとだけ残してあったおにぎりをぱくり。

眞保 「私最後はしょっぱいもので終わりたいタイプなんですよ」

だから知らないですよ、そんなタイプ。
「最後の一口」はケーキじゃだめなの?

なんとも言いようのないこの
「未知との遭遇」
こういう時の気持ちって何ていえばいいの?

驚いた
呆れた

おどろきあきれた…。

「あさまし」…。

昔の人スゲー!
この複雑な気持ちを一言で100%言い切ってくれた。
古典を勉強しておいてよかった。

昭和は遠く…ならないのですね。2017年1月25日

みなさま、今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、どんな年始をお過ごしでしたでしょうか。
新年の福袋を手に入れた!という方も多いはず。

近年は商品やテーマが決められた福袋が主流となり購入する側も安心です。

ご多分に漏れず私の家族も福袋を購入。
ところが今年私の家族が購入してきたのは
「何が入っているか買ってみるまで本当に分からない」という昭和な福袋。

袋を開けると衣類や生活雑貨などが混在しており
さすが「昭和系ノンジャンル福袋」と感心させられる内容です。

なかでもすさまじかったのは…

懐かしいダイヤル式電話機かと思いきや、その受話器部分のみのもの。

なんとこれ…
スマートフォンに接続するための受話器。

小さなスマートフォン本体に接続すると
劇的なまでにアンバランスな電話機の出来上がり。

コンパクトさと美しさを追求したメーカーの努力をあざ笑うかのような受話器部分。
家電メーカーに恨みでもあるのかと勘ぐってしまうほどの鬼気迫るデザイン。

これでも喰らえ!という作り手側の意気込みが伝わってくる逸品です。

でも使用してみると…。

意外なメリットが!!

画面に脂がつかない!!
スマホ単体よりもはっきり聞こえる!!

なかなかいい!!

昭和型受話器はこのおじさんに
何とも言えないやすらぎを与えてくれる道具なのですね…。

我々アラフォーは昭和という偉大な時代から逃れることはできないようです。

KIMG0083KIMG0084

糸魚川火災2016年12月29日

糸魚川火災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

火災が発生した12月22日の午前11時過ぎ
たまたま糸魚川近隣の天気を見ようと情報カメラの映像を確認すると
白い煙が上がる様子が映し出されていました。

今思えばあれがラーメン店で起きた最初の火災。
火の手もさほど激しいとは思えず
鎮火も時間の問題と見えました。

しかしなかなか消火に至らず
午後1時に現場に取材に行くことに。

そう大きな火災にはならないのでは?との私の稚拙な予想に反し
新潟から糸魚川まで移動する3時間ほどの間に驚くほど火の手は広がり
現地は大火災に。

被害にあった家屋の軒数も把握しきれないほど混乱する現場。

煤だらけになった消防署員が
「こんなに早く火が回るということは通常考えられない。どうしてこうなったのかわからない。」と
頭を抱えるほど次々に炎が広がっていきます。

30時間後鎮火となりましたが心配なのはむしろこれから。

地元の方のお話では現場付近は住居部分と店舗が一体になった建物が多いとのこと。
この年の瀬に住居も店舗も同時に失った方が多いと考えられます。
生活と事業、両面の再建を進めなければならないというのは
負担も非常に大きいはず。

発生に翌日取材をしていると
現場にやってきた保険会社の方と話をすることが出来ました。
彼らは
「素早く被害を把握して速やかに保険金を支払いたい。何より速さが大事」と
話します。

金銭面の見通しを早く立てないと
再建が遅れるだけでなく再建への意欲も徐々に失われ
町を離れる人が続出するケースもあるのだとか。

そうなる前に行政にもとにかく早い対応が望まれます。

たとえば
命からがら避難して通帳まで燃えてしまった方にとっては
がれきの撤去費用の補助が8割なのか全額なのか、
これは大きな違い。
具体的にいくらかかるのかといったことも不安の種のはず。
きめの細かい情報提供も含めてその不安にこたえる対応であってほしいと願います。

糸魚川大火のみならず鳥インフルエンザなど大きな問題が解決しないまま
2017年へと向かいます。
来年は再建した皆様の姿をお伝えできることを願って
今年最後の投稿とさせていただきます。
お付き合いありがとうございます。

NSTでも義援金を受け付けております。
https://www.nsttv.com/event_info/donation/
ご覧になるだけでも結構ですので上記をクリックしていただければ幸いです。

来年もよろしくお願い申し上げます。

ポジション?SB?2016年11月18日

フットサル

体を動かそうとにわかにフットサルを始めました。
いきなりゲームに参加すると…、
ボールを蹴るどころか走ることもままならず
挙句、足がもつれて立っていることもできない状態に。

いきなり走ったため、
喉の奥で血の味がするほどのコク深い苦しみをあじわいました。

運動不足怖い。

高校卒業20年になんなんとしている私。
サッカー部としてプレーを10年つづけましたが、すでにブランク20年。
かつてはディフェンダーも経験しましたが
いまやボールを獲りに行ってもあっさりかわされるという
無様をさらしております。

ディフェンスなんておこがましい。
強いて言うとなに?
「障害物」?
略して「SB」。(Shogai Butsu)

あ、ディフェンダーっぽい。
今後は「SB」(Shogai Butsu)として頑張ります。

ブログのコツ?2016年10月8日

弊社HPの管理を担当するWさんから連絡が。
「もっとブログを更新して」とのこと。

すみません本当に。
今回は、再発防止対策書形式で「ブログの更新が滞った件」についてご報告いたします。

平成28年10月8日
NST ホームページ担当
W様

アナウンサーブログ更新の停滞に関する再発防止対策報告書

この他は私の不注意で弊社ホームページ上アナウンサーブログの更新が滞りましたことで
大変なご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ござません。ホームページ閲覧数を低下させた
ことをはじめホームページ上「アナウンサーブログ更新中」の表現に対する社会的信頼を失
墜させてしまいました。更新停滞の原因と再発防止策をご報告申し上げます。

1)停滞の経緯
SNSに掲載しやすい生活習慣が身についておらず執筆内容を得られなかった

2)停滞の原因
①おしゃれなカフェで「なんとかペチーノ」的なものを飲む習慣がない
②自身の変顔を撮影する習慣がない
③睡眠時間を適正にとっており、比較的健康である
④ヘアサロンでイメージチェンジに取り組んでいない
⑤焼き菓子を焼くなどの女子力がない
⑥日常生活の小さな感動をリリカルに表現する感受性がない

3)原因別対策
①主要カフェチェーンのメニューを確認し全ペチーノを飲む。
②飲み会時など顔がおかしくなる機会を逃さず自身の顔面を撮影する。
③寝不足自慢や体調不良自慢ができるよう不摂生に取り組む。
④定期的に前髪を極端に短く散髪するなど奇をてらう
⑤マカロンを焼く
⑥あいだみつおの詩集を熟読する。
4)まとめ
ブログを書く以上よりよいリア充アピールに結び付けられる生活を心がけます。
今後は一緒にいると落ち着く「いつメン」の獲得を計り
「やっぱいつメンおちつくわ~」等のコメント掲載につなげます。

以上

とここまで書き上げて思ったのだが
①甘いコーヒーが苦手
②自分の顔を見るのが苦手
③夜更かしが苦手
④前髪はそのうち失われる可能性がある
⑤そもそも女子じゃない
⑥読んではみたがピンと来ない

などに思い当たりなかなか障壁が高いことに気付いた。

というかそもそもそんなに期待されていないので報告書の冒頭で触れたような
「HPの閲覧数の低下」や「社会的信頼の失墜」が発生しているとも思えず
この報告書や記事の内容にまったく意味がないのではないか…。

いやまて、
無意味な内容を掲載し人様の御覧に入れるという意味において、
私も立派なブロガーに向けた第一歩を踏み出せたのではないだろうか。

Wさん!コツつかんじゃったよ!

スマスタ15周年!!2016年10月6日

15周年を迎えたスマイルスタジアム。

10月1日の放送で「スマスタスーパーダンク」!を無事に成功させることが出来ました。
多くの方にもご観覧をいただきましてありがとうございます。

そもそも運動に慣れていないメンバーも多い中、前日にけが人が出るなど、
非常に厳しい道のりでした。

当日はど緊張で、番組冒頭からコメントを噛み倒し、
気もそぞろなまま進行…。

そしていよいよやってきたダンクの時…。

でも緊張のあまりほとんど覚えていません…。
その時の心境を詳しく述べろよ!とお思いでしょうが、
本当に緊張のあまり極端に視野が狭くなりもう必死。

ボールに触れた感触すらも残っていません…。

でも決めた直後共演者の皆と喜び合った仲間の顔と、
本当に祝してくださったお客様の表情は忘れられません。
出演者で力を合わせてチャレンジする機会をくれたスタッフに感謝。

見守っていただいた視聴者の皆様、本当にありがとうございます。

この年になるとああいう一体感や達成感を味わうことは
なかなか味わえないもの。
うれしかったです。

学生時代にはサッカーをやっていました。
が、一緒に毎日練習してたチームメイトだからといって、
必ずしも本当の仲間になれるわけではないな…と感じることもありました。
今度はどうだろう?
最後はみんなのために何とかしたいと思いながら
必死に飛んで手を伸ばしたことだけは嘘ではないです。

あの時感じた何かをみんなと共有しながら、
今週からいい放送が出せるように15周年もみんなと一緒に頑張ります。
「家族を笑顔に」!がテーマのスマスタ。

ご覧いただいている皆様すべてをファミリーだと思いながら
頑張ります!!

ランチがくれた教訓2016年9月17日

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ…。

ランチに野菜炒め定食を注文したら。

 

・野菜炒め(肉無し)に

・付け合せが野菜サラダ大盛り。

・小鉢にもサラダ、

・おてしょに漬物、

・味噌汁の具も野菜。

 

な…何を言ってるのかわからねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…。

頭がどうにかなりそうだった。

ヘルシーメニューだとか菜食主義だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。

 

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。

 

まあおいしかったんですけど…。

 

は、そういえばこんな小説読んだな。

 

サラリーマンがふと入った定食店。

メニューは「係長定食」「課長定食」「部長定食」「社長定食」と奇妙なメニューばかり。

男    「部長定食おねがいします」

おばちゃん「あんたまだ係長だろう、係長定食におし!」

係長定食はコロッケ一つがおかずの質素なもの。しかしたべるとめちゃくちゃおいしい!

男はもっとうまいに違いない上司定食を食べようと仕事にまい進。

出世するごとに一品ずつ増えるおかず、涙が出るほどうまいその味に奮起し、

男は社長に上り詰める。

そしてとうとう食べた社長定食はごはんとみそしる、漬物だけ。

おばちゃん「人の上に立つものは初心を忘れてはならない」と

男にあるべき姿を諭すのであった。

 

なるほど

この定食は何かの教訓を僕に与えんとしているのか…。

なんだろう?

 

野菜炒めに…大量のサラダは必要ない!

 

ん?ちがう?

読み取れなかった、だから出世しないのか、私。

梅雨のどうでもいいエピソード2016年6月16日

ある日の朝、気づくと某女性アナが美容院に行ってきた様子。

しかしどうも浮かない顔…。
今一つイメージ通りに切ってもらえなかったみたいです。

他の女性アナを交えて、
「このヘアスタイルをどうしたらよいのか、むむむ」と話し込む彼女。

そんなにおかしいかなあ?
なかなかイケてる感じよ?

機嫌を直してオンエアに集中してほしいという思いから
「カールの加減、いいと思うよ」と声をかけると…。

「そこが一番気に入らないんです!」と
吐き捨てるが早いか「えーん」と泣き出してしまいました。

マジでーーーーー!?
いやいやいやいや、おっさんなりに頑張ってフォローしましたー!
善意からのコメントですー!

「髪型についての不用意な発言で女性社員を泣かせた」中年です。私は。

昔からこういうの多かったんだよね。
良かれと思って…ダメでしたー!のパターン。

今でもよく覚えているのは、小学3年のある朝。

隣の席をふと見ると、机が泥で汚れているではありませんか。
そこで机を拭いてあげたのです。ティッシュできれいに。

そうしたらよ?

「せっかくカタツムリの赤ちゃん捕まえてきたのに何やってんのよ!」って
スゲー怒られたあげく泣き出す梅津さん(女子・好戦的)。

はーーーーー?

見えないし!カタツムリの赤ちゃんもはや肉眼で見えないサイズ感だし。
百歩譲って見えたとしてもそんな気持ちわるいもの捨てるに決まってんだろ!

カタツムリには申し訳ないよ。でもお前には絶対謝らないからな!
カタツムリを捕獲して危険にさらしたのはむしろお前だろ!

なのに周りのクラスメート連中も
「カタツムリつぶすなんてかわいそうでしょ?梅津さんに謝りなさいよ」じゃねーよ(笑)

30年ぶりぐらいに思い出してもマジ頭にくるエピソード。

某女子アナのせいで梅雨のどうでもいい思い出を思い出してしまった。
こんどはよく話し合ってから髪切ってきて、お願いだから。

春競馬の思いで②2016年6月2日

 

 

春競馬の思いで②

藤田菜七子ジョッキーが新潟で騎乗し、
菜七子フィーバーとなった新潟。

藤田ジョッキーは5月15日の最終レース

新潟名物直線1000メートル、「飛竜特別」では
「ピュアリーソリッド」に騎乗しました。
お客様の目の前、外ラチ沿いを駆け抜けて、見事勝利!

藤田ジョッキー新潟初勝利の瞬間を実況することが出来ました。
実況していた私も興奮!

でも正直に言うと、そのレース「9番人気」の「ピュアリーソリッド」が
先頭に躍り出てかなり驚きました。
「藤田ジョッキー来たー!」という興奮と
「いやちょっとまて、9番人気だよ?本当?」という思いが交錯し
いろいろな意味でドキドキしました。

レース後はスタンドから大きな拍手。
私にとっても初めての光景でした。

インタビューを取りに行こうと地下馬道に下りると、
競馬場の場長が、「新井アナ、表彰式のプレゼンターお願いします!」とのお言葉。
同僚の新井アナがなんと、
藤田ジョッキーをはじめ関係者の方にトロフィーや記念品を贈呈する大役に大抜擢。
意外と簡単に決まります、プレゼンター。

藤田ジョッキーにトロフィーを渡す大役を果たす新井アナの雄姿。
その様子を眺めていたら、新井アナ・鈴木アナ・私・杉山アナ(見学に来ていただけ)が

表彰式後の記念撮影に参加することに。

関係者以上の笑顔を見せる我々に、

ファンの方に「あれ誰?」という顔をされるという奇妙な経験でしたが、
とてつもなくテンションが上がりました!
いい思い出です。

藤田ジョッキーありがとうございます!
お蔭で貴重な経験となりました!
これからも応援しています!

春競馬の思いで①2016年5月26日

春の新潟競馬が盛況のうちに閉幕いたしました。
みなさまお楽しみいただけましたでしょうか。

きょうからシリーズで春競馬の思い出をつづってまいります。

春競馬の思いで①

報道部の若手記者くんが予想デビュー!
初の馬券はオークスでした。

困るのは「どれが当たりますか」というご質問。
それがわかっていれば苦労しないよ…というお決まりの答えを飲み込んで、
一緒に予想。
私に相談している時点でたぶん当たらないけどね…。

競馬場に行けない本人に代わって私が購入。
するとそこで事件が。

本来買うべき馬券を間違える失態…。
これはまずい!
こういうのは発想してから気づくものなのですね。

正直もう気が気じゃないですよね。
人気薄の馬も絡んでいたので…。

結果は…若手君の予想は外れ。
本当に申し訳ないけどホッとしました。ごめん!

ところが、間違えて買った馬券を見てみると…
あたってるんですねー!これが!

一生懸命予想した馬券なんて当たりやしないのにこういう時に当たるんですね。
嬉しいような悔しいような気持ちを抱えつつ
これで勘弁してください!と馬券を手渡し。

すると若手君、
「これが競馬の面白みなんですか?」と困惑気味。
素直には喜べないよね。
予想して当てる!というプロセスが大事なのだと再確認。

まともに予想するのをやめようかなと思った春の出来事です。

2016年5月3日

こんにちは

 

きょうから信濃川感謝祭やすらぎ堤川まつりが開幕。
その模様をスマスタGWスペシャルとしても放送いたしました。

いろいろなイベントがありますが、
やすらぎ堤で食べられるおにぎりがお勧めです。
そのおにぎり、新潟県の新ブランドマイ「新之助」でできているんです。

 

粒が大きく食べごたえがあり、
噛めば噛むほど甘みがじわっと広がってくるという優れたお米です。

さめてもおいしくおにぎりに最適、と米王国新潟らしい逸品です。

本格的な生産は今季からなので「まだ食べたことがない」という方も多い新之助。
この機会にぜひ。

1日先着50パックの販売とのことです。
朝10時から開店ですので興味のある方はお急ぎください!

1 2 3 4