飛田 厚史Atsushi Tobita

飛田 厚史
Profile
1月26日生まれ / 2010年1月入社 / 千葉県流山市出身 / B型 / みずがめ座
飛田アナに質問

私はこんなアナウンサー

【好きなもの】
●サッカー
やるのも見るのも好きです。アルビの取材ができることが幸せです。視聴者の皆さんに楽しんでいただけるようこれからもがんばります。
●魚
煮魚も焼き魚も刺身も鍋物も大好きです。スーパーに売っているお魚もみんなおいしくて、新潟の豊かさに驚きました。
●ごはん
こちらもどこでご飯を食べてもおいしいです。新潟の方は幸せですね。
●音楽
昔バンドもやっていました。新潟はビッグアーティストの公演も多くて、いい街ですね。

※新潟には私の好きなものが全部そろっています。もう毎日最高です。愛しています!これからも新潟のためにがんばります。

趣味・特技

サッカー・フットサル(サッカー歴10年ですがブランクも10年以上・・・とうとうブランクのほうが長くなってしまいました。)
ギター(ブルースを愛しています。)
茶道(学生時代にかじりました。)

好きな言葉

こころばえ
(心の美しさが姿に表れる、日本的な美しさを一言で表現した素敵な表現だと思います。古文の授業で習った言葉でしたが、現代語でももっと使われていいんじゃないかな?と思っています。)

最近のブログ

魔界の植物2017年6月22日

ハエトリソウを手に入れました。

 

子供のころからあこがれていた「禁断の植物」KIMG0063

寄生獣っぽい。

ぜひダイナミックな捕食を見せてもらいたいものだ。

 

魔物らしく禍々しい名前を付けようと意気込んだが。

「パクりっち」(長女命名)に落ち着いた。

まあ魔物じゃないからそんなもんだ。

 

ところがこのパクりっち。

自慢の葉が閉じっぱなしで元気がない。

 

調べてみると

 

○葉の開閉には大きなエネルギーが必要

○開閉を繰り返すと疲弊して枯れる原因となる

とある。

 

魔界の植物じゃないからハエを取るのも命がけなのだ。

 

彼らは店に売れ残った1鉢だったので

売り場でお客さんたちにつつきまわされたと見える。

かわいそうに。

なんとかしようと文献をさらに読み進めていくと

 

○葉が閉じて元気のないハエトリソウは購入しないこと。

なにそれ。

もう買っちゃったよ。

そこを何とかする方法を載せるのが実用書じゃないの?

「そもそも論」を述べる人って人の気持ちがわからない奴が多いよね。

 

 

 

そもそもハエトリソウの選び方を知ってるぐらいなら

お前の書いた本なぞ読まんのだ!

 

あ…私も?

 

言われてみれば私も人の気持ちがわからない…。

正視できない現実を突き付けられてしまった。

 

 

ハエトリソウは人間の本質を問う魔力を秘めていた。

やはり魔界からやってきた植物なのだ。

 

 

 

ハエトリソウ売り場の皆様へ

「触らないでください」の表記をお願いいたします。

 

 

 

(つづく)

飛田 厚史のブログをもっと見る >