飛田 厚史Atsushi Tobita

飛田 厚史
Profile
1月26日生まれ / 千葉県流山市出身 / B型 / みずがめ座
飛田アナに質問

私はこんなアナウンサー

【好きなもの】
●サッカー
やるのも見るのも好きです。アルビの取材ができることが幸せです。視聴者の皆さんに楽しんでいただけるようこれからもがんばります。
●魚
煮魚も焼き魚も刺身も鍋物も大好きです。スーパーに売っているお魚もみんなおいしくて、新潟の豊かさに驚きました。
●ごはん
こちらもどこでご飯を食べてもおいしいです。新潟の方は幸せですね。
●音楽
昔バンドもやっていました。新潟はビッグアーティストの公演も多くて、いい街ですね。

※新潟には私の好きなものが全部そろっています。もう毎日最高です。愛しています!これからも新潟のためにがんばります。

趣味・特技

サッカー・フットサル(サッカー歴10年ですがブランクも10年以上・・・とうとうブランクのほうが長くなってしまいました。)
ギター(ブルースを愛しています。)
茶道(学生時代にかじりました。)

好きな言葉

こころばえ
(心の美しさが姿に表れる、日本的な美しさを一言で表現した素敵な表現だと思います。古文の授業で習った言葉でしたが、現代語でももっと使われていいんじゃないかな?と思っています。)

最近のブログ

にいがた2km2021年6月30日

「にいがた2km」という言葉をお聞きになったことはありますか?

去年新潟市の中原市長が新潟駅~古町一帯に与えた「エリアの愛称」です。

新潟市中心部の活性化へ向けてこのエリアを盛り上げましょう、という思いを込めたものです。

新潟駅から古町までのおよそ2kmのエリアをそれぞれ4つの区画に分けて

駅前       交流の拠点

万代       人やモノの集まる中心街

万代島    歴史を感じる港町

古町       花街文化の繁華街

などと位置づけ、各々の特長を生かした街づくりを目指しています。

にいがた2kmの活性化へ向けて新潟市中央区やすらぎ提で2年ぶりに開かれた「ミズベリング」も大切なコンテンツの1つ。三密を避けた運営で水辺を楽しむ人の姿が見られています。

ところでこの「ミズベリング」。元々は水辺環境の利活用を目指して官民一体のイベントが全国で行われているのですが、中でも新潟市のミズベリングは、夏~秋の期間中に飲食店が常設され毎日多くの人が訪れる成功例としてミズベ業界で注目を浴びているんです。
面積、期間、内容とも例を見ない規模で「ミズベリング」のHPでトップを飾るのはやすらぎ提の風景写真。そう考えるとさらに愛着がわきませんか?

ちなみにミズベリングは弊社の目の前。夕方になるとミズベリングの飲食店からおいしそうな香りが漂い、楽しそうなお客様の声が聞こえてきます。我慢できない。

ちなみにミズベリングの主な行事は「毎年7月7日7時7分に水辺で乾杯する」というもので、今年も全国の水辺で乾杯イベントが予定されています。ちょうど七夕、浴衣で乾杯!というのもオツな時間かもしれません。

飛田 厚史のブログをもっと見る >

飛田 厚史のブログ

一覧へ