NSTご利用について

個人情報の保護に関する指針

株式会社NST新潟総合テレビは、情報通信技術が高度に発達し個人情報の利用が拡大する社会において、個人情報の保護が重要な責務であることを強く自覚しています。

このため、個人情報の取り扱いにあたっては、個人情報保護法の趣旨にのっとり、以下の通り基本方針を定めて、視聴者の信頼を裏切ることのないよう万全を期します。

さらに、報道・著述を目的とした個人情報を取り扱う場合には、放送の社会的使命に照らし、適用除外の範囲においても、別途ルールを定め適切な保護に努めます。

株式会社NST新潟総合テレビは、放送を通じ社会の繁栄に役立ち、人々に感動を与え文化の向上に寄与するという企業理念のもと、個人情報の保護に全力を挙げることを誓います。

1. 利用目的の特定
個人情報の取得にあたっては、何のために使うのかを明らかにします。
2. 適正な取得
個人情報は正しい手段で、必要な範囲に限り取得します。
3. 内容の正確性の確保
取得した個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
4. 安全管理措置
個人情報を紛失したり、改ざんしたり、漏えいすることのないよう、万全な保護体制を構築して、厳重に管理します。
5. 従業者・委託先の監督・啓発
NST新潟総合テレビの業務にかかわる全ての者に対し、個人情報の正しい扱いについて周知させ、必要な監督と研修・教育を行います。
6. 第三者提供の制限
個人情報は原則として本人の同意を得ずに第三者に提供しません。
7. 開示などの要請、苦情の処理
個人情報の本人からの要請・苦情に対し誠実に対応します。
8. 漏えいなどの事実の公表
個人情報の漏えいなどがあった場合は速やかに適切な措置を講じます。

報道・著述分野における個人情報保護のための基本指針

株式会社NST新潟総合テレビは、個人情報がプライバシーまたは個人の自由に関わる情報であり、その取り扱いの態様によっては、個人の人格的、財産的な権利利益を損なうおそれがある極めて重要な情報であると認識しています。

それゆえ、すべての個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に、慎重に取り扱わなくてはならないと考えます。

個人情報保護法は、報道・著述分野が憲法で保障された表現の自由と密接に関わることから、その保障を徹底させるため、第4章に規定された個人情報取扱業者に対する義務を適用せず、自主的に個人情報の適正な取り扱いを確保するための必要な措置を講じるよう求めています。

株式会社NST新潟総合テレビは、報道・著述分野における個人情報の取り扱いについても、報道の自由・表現の自由を守りながら、法律の基本精神を尊重して、個人情報の有用性と個人の権利利益とを考慮し、適正な運用に努めます。

  1. 個人情報の取得・利用にあたっては、できる限り報道・著述目的であることを明らかにし、報道・著述目的以外には利用しないことを原則とします。
  2. 個人情報は、適正な手段によって取得することに努めます。
  3. 個人情報が、紛失・破壊・改ざん・悪用・漏洩等することのないよう安全管理を徹底します。
  4. 個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容を保つように努めます。
  5. 個人情報に関する苦情等に対しては、社内に設置された窓口を通じて、誠実に対応します。

― 以上 ―

NSTオフィシャルサイトの著作権について

NST新潟総合テレビのwebサイトに掲載されている文章・写真・図表等は、NST新潟総合テレビに著作権があるか、NST新潟総合テレビが原著作者から許諾を得て使用しているものです。

これらをNST新潟総合テレビをはじめとする著作権者に無断で他人に送ったり、自分のホームページなどに掲載したりすることは著作権法で禁じられています。

当サイトに掲載されている写真の一部には、権利管理情報として、電子透かしが施されています。この電子的権利管理情報を無断で削除したり、改変したりすることも禁じられています。
著作権について詳しくは『こちら』をご覧下さい。

社団法人著作権情報センター >

投稿情報について

皆様からの投稿情報は別段の意思表示がなければ事前の連絡なくこのサイトや放送、また当社の広告宣伝等で利用させていただく場合があります。皆様から頂いたメッセージは番組やコンテンツに役立てるよう目を通しておりますが、個別に返信・対応をお約束するものではありません。ご了承下さい。

尚、ご質問の多い項目については当サイトのFAQコーナーに回答掲載する場合があります。

リンクについて

NST新潟総合テレビのサイトにリンクを張ることを希望される場合には、下記へご連絡ください。いただいたリンク元のwebサイトがNST新潟総合テレビの趣旨に合わない場合は、リンク自体をお断りすることがありますのでご了承ください。

リンクはNST新潟総合テレビのトップページへのものとしてください。個別のコンテンツへのリンクは原則としてお断りしています。また、リンクの方法は必ず別ウィンドウで開く作りにし、NST新潟総合テレビwebサイトのコンテンツが、リンク元のwebサイトのコンテンツと混同して受け取られることがないようにしてください。

nst-webmaster@nst-tv.co.jp

NSTオフィシャルサイト規定

「NSTオフィシャルwebサイト」では、個人情報保護とその取り扱いについての重要性を認識し、サイトで取り扱う個人情報について以下の規定を定めております。

■当社が収集するお客様の個人情報について
当サイトにおいて、お客様からのお問い合わせ時や、プレゼント応募、イベント等への申し込みなどに収集する 氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、お客様への回答、ご連絡、サービス提供などの目的達成のために利用させていただきますが、「目的以外の利用」「第三者への提供」は一切いたしません。
■クッキー(Cookie)について
当サイトでは「cookie」を使用しているページがあります。「cookie」とは、ユーザがWEBサイトを利用する時にユーザのブラウザとサーバ間で送受信される情報です。当社および当社と提携する会社(以下「提携会社」といいます)では、ユーザの方々により便利に当サイトを利用いただくため、ユーザの方々の利用実態把握のため、広告配信のために、この「cookie」を使用する場合があります。
「cookie」の中には氏名などの個人を特定する情報は含まれておりません。ユーザは「cookie」の受け取りの可否をお使いのブラウザの設定により選択することが出来ます。「cookie」を受け入れなくても、当ホームページ内のほとんどのコンテンツを閲覧することは可能ですが、一部のサービスにおいてご使用いただけない場合がありますのでご注意ください。

■提携会社のプライバシーポリシー
◎YouTube LLC
https://www.youtube.com/static?gl=GB&template=terms
◎Google Inc.
https://policies.google.com/privacy?hl=en-US
■お客様のアクセスログについて
当社は、お客様が当サイトにアクセスされますと、その情報を当社サーバにアクセスログという形で記録し 一定期間保存しています。
アクセスログに記録される内容は、アクセスされた日時やお客様のドメイン名、IPアドレス、使用しているブラウザの種類などです。 これらは当社のサーバの運用情報としてサーバ管理の目的で利用いたします。

その他

NST新潟総合テレビは本サイトの情報については充分に注意・確認をした上で掲載しておりますが、情報の正確性・有用性・適合性等については一切保証しておりません。NST新潟総合テレビは、みなさまが本サイトの情報を使用し、または使用できなかったことに起因する一切の損害について責任を負えません。本サイトの情報はみなさま自身の責任と判断においてご利用下さい。

  1. 本サイトからリンクされているサイトの情報についての責任、その内容から発生する問題もしくは副次的にもたらされるあらゆる問題についての責任はすべて、リンク先のサイトそれぞれの管理者等が負っており、NST新潟総合テレビは一切責任は負えませんのでご了承ください。
  2. 本サイトをご利用される際の携帯電話及びインターネット等への通信及び接続にかかる全ての費用はユーザー負担とさせて頂きます。NST新潟総合テレビでは、これら通信・接続等の費用に関しては、一切責任を負えませんのでご了承ください。
  3. NST新潟総合テレビのwebページをご利用頂いた結果、万一トラブルないし損害が発生したとしても、NST新潟総合テレビは一切責任を負えませんのでご了承ください。

SSLの対応について

SSLについて
SSL(Secure Socket Layer)とは、データを暗号化して通信するプロトコル(手順の決まり)のことです。SSLに対応することで、ブラウザから送信される情報(ユーザーの皆様が入力した個人情報等)や、NST新潟総合テレビ公式サイトから返信される情報が暗号化されるため、インターネット上の第三者による盗聴や改ざん等の不正行為を防ぐことができます。
ブラウザについて
SSLに対応しているページは、URLの先頭が、http://からhttps://に変わります。SSLにより暗号化されたページをご利用になる場合は、SSLに対応したブラウザによる閲覧が必要になります。また、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。NSTオフィシャルサイトはSSLに対応しておりますが、端末によっては一部対応していない機種もあります。

テレビ視聴データの取扱いについて

概要
FNS(フジネットワーク)系列局では、視聴状況の調査・分析を行い、放送サービスの向上やより良い番組の制作、及び番組の広報・宣伝への利用、及び広告配信やマーケティング活動の参考とすることを目的として、インターネットに接続しているテレビ受信機(以下「対象機器」といいます。)から、FNS系列局が放送するすべての番組に関する視聴データをインターネット回線経由で収集しています。収集した視聴データは、視聴者の皆様のさらなる利便性向上や放送コンテンツ制作への活用、マーケティング、広告等に利用します。
視聴データの収集主体
各地域のFNS系列局(以下「当該放送局」といいます。)
対象番組
当該放送局が放送しているすべての番組が対象となります。
収集する視聴データ
収集する視聴データは以下の通りです。この中に、特定の個人を識別できる情報(個人情報)は含まれません。
・番組の視聴時刻情報
・IPアドレス
・対象機器を識別するために発行する情報
・対象機器に設定されている郵便番号
・放送局を識別する情報

※当該放送局以外の視聴や録画による視聴は含まれません。
※インターネット回線を利用して収集しますので、対象となるのはインターネットに接続しているテレビのみとなります。
※技術的な制約により、一部の番組と一部の受信機については、視聴データを収集いたしません。
※収集する視聴データは、特定の個人を識別できる情報を含んでいません。加えて、データ処理過程で特定の個人を識別することがないようにする措置をとっています。
視聴データ収集の流れ
視聴データの収集方法

※視聴データの収集のために、以下の情報をテレビ受信機内のデータ記憶領域に保存します。


・対象機器を識別するために発行する情報
・番組の視聴時刻情報
・IPアドレス
・視聴データ提供を視聴者が停止したことを識別する情報
・放送局を識別する情報
保管場所
収集する視聴データは日本国内のサーバーに保管されます。
利用目的
収集した視聴データは以下の目的で利用します。
・視聴者の利便性向上
・放送サービスの向上及びより良い番組の制作、番組広報・宣伝
・広告配信やマーケティング活動の参考
利用方法
収集した視聴データは、放送局や調査会社等が持つ個人情報を含まないデータと組み合わせて分析し、前項の目的のために利用する場合があります。また、その分析結果を用いて、テレビ視聴した方が保有していると推定されるスマートフォンやPCなどに、番組のおしらせや広告を表示する場合があります。これら一連の過程において、特定の個人を識別することがないようにする措置を取っています。
共同利用
FNS系列局で収集された各局のデータを集約・統合し、以下の通り共同利用いたします。

<共同利用する視聴データの項目>
「収集する視聴データ」に記載の項目と同じです。
<共同利用する者の範囲>
FNS系列局28社(https://www.fuji-network.com/
<共同利用する者の利用目的>
「利用目的」に記載の利用目的と同じです。
<共同利用の責任者>
株式会社フジテレビジョン

視聴データの共同利用図
業務委託
収集した視聴データは、「利用目的」の範囲内で外部事業者に業務委託することがあります。委託先には適切なデータ管理を行える事業者を選定し、当該事業者に対し、特定の個人を識別しうる運用の禁止、他の委託元の情報との突合禁止、目的達成後の視聴データ等の速やかな消去等を契約上義務付けるなど、適切な安全管理措置をとります。
第三者提供
視聴データそのものを、第三者に提供することはいたしません。なお、視聴データを統計処理した分析結果を第三者に提供する場合があります。
保存期間
収集から18か月を経過したデータ、もしくは期間経過前であっても利用しないデータは、速やかに消去いたします。
視聴データ収集を停止したい場合
視聴データの収集を停止されたい場合は、放送中にデータ放送画面を表示し、メニュー画面のボタンを押して、テレビ利用状況調査に「協力しない」ボタンを押して下さい。詳細はこちらをご確認ください。収集を停止しても、番組の視聴に影響はありません。なお、過去に蓄積したデータも速やかに消去します。
視聴データ収集に関するお問い合わせ先
視聴データ収集に関するお問い合わせ先は、当該放送局のホームページをご覧ください。当該放送局のホームページは、FNSホームページをご参照ください。
よくあるご質問
◎収集したデータ取り扱いと利用方法
収集した視聴データは何に使うのですか?
収集した視聴データは、以下の目的で利用します。
・視聴者の皆様の利便性向上
・放送サービスの向上及びより良い番組の制作
・広告配信やマーケティング活動の参考
収集した視聴データはどのように取り扱われるのですか?
適切な安全管理措置をとって、日本国内のサーバーに保存されます。 収集した視聴データは、利用目的に沿って、FNS系列局や調査会社等が持つ個人情報を含まないデータと組み合わせて分析することがあります。FNS系列局は、この過程で個人を特定できないようにする措置をとっています。
実験で集約した視聴データの調査・分析は具体的にどのように行うのですか?
収集した視聴データは、放送局や調査会社等が持つ個人情報を含まないデータと組み合わせて分析し、前項の目的のために利用する場合があります。また、その分析結果を用いて、テレビ視聴した方が保有していると推定されるスマートフォンやPCなどに、番組のおしらせや広告を表示する場合があります。これら一連の過程において、特定の個人を識別することがないようにする措置を取っています。

◎プライバシー保護について
データを取るのに、事前の同意は取らないのですか?
個人情報ではない視聴データを収集することについては、個人情報保護法や総務省が定める放送分野の個人情報保護についてのガイドライン等で、事前の同意を取ることは義務づけられておりません。ただし、視聴データを収集されたくない視聴者の方に配慮し、視聴者の方が視聴データの収集・集約を停止することができるようにしております。停止方法については、こちらをご参照ください。
視聴者のプライバシーは具体的にはどのような方法で保護していますか?
FNS系列局は、テレビ視聴データにかかわる視聴者のプライバシー保護のために設置された「視聴関連情報の取扱いに関する協議会」(※1)で議論された内容(※2)を遵守するとともに、収集する視聴データが個人情報とひも付くなどして個人を特定できる状態にならないよう、安全管理を徹底しております。

個人情報ではない視聴データの収集については、個人情報保護法や総務省のガイドライン、認定個人情報保護団体指針などで、同意を取ることは義務づけられておりませんが、視聴データを収集されたくない視聴者の方に配慮し、視聴データの収集・集約を停止することができるようにしております。

(※1)放送分野の認定個人情報保護団体「一般財団法人放送セキュリティセンター」が事務局となり、テレビ視聴データ等について、放送局や関係事業者、団体等が意見交換するために設置した会合です。
(※2)2019年5月に公表した「オプトアウト方式で取得する非特定視聴履歴の取扱いに関するプラクティス(ver1.0)」に加えて、現在さらにプライバシー保護に配慮した議論を進めています。
IPアドレスは個人情報なのでは?
IPアドレス単独では、個人情報保護法上の「個人情報」には当たりません。また、他の情報とひもづくなどして個人を特定することができる状態にならないよう取り扱っております。

各種個人情報の請求書類のダウンロードはこちら