長谷川 珠子Hasegawa Tamako

長谷川 珠子
Profile
8月27日生まれ/福島県会津若松市出身/多分A型です!/おとめ座
長谷川アナに質問

私はこんなアナウンサー

"食べること"が私の何よりもの原動力です!
幼い頃から大のお米好きで、珠子という名の通り立派な丸顔に育ちました。新潟の美味しい物をお伝えする際はテレビの前の皆さんがつい「1口ちょうだい!」と言ってしまうような食べっぷりをお見せできるよう頑張ります!

趣味・特技

趣味:自分の限界に挑戦する大食い・競馬観戦・フィルムカメラ・古着屋さん巡り
特技:モダンバレエ(15年間続けていました)・利き米・演劇

信条・モットー

「努力の分だけ花が咲く」
中学時代、部員たった5人の弱小新体操部で奮闘していた頃に学び得た言葉です。コツコツと練習に励み、引退試合で最高記録を残せた時に、どんな無謀な挑戦も努力次第で大輪の花を咲かせられるのだと、身を持って感じました。

視聴者の皆さんに一言

すぐお隣の福島県会津若松市から新潟県に強い憧れを抱いてやって来ました!これからは、「人を良くすると書いて、食と読む」という言葉があるように、新潟の皆さんの朗らかな人柄を作り上げた新潟の食文化にたくさん触れていきたいと張り切っています!どうぞよろしくお願いします!

最近のブログ

はじめまして!長谷川珠子です!2021年5月1日

皆様はじめまして!
この4月からアナウンサーとしてNSTに入社致しました長谷川珠子(はせがわたまこ)と申します。

生まれも育ちもお隣の福島県会津若松市で、春から晴れて新潟県民の仲間入りをしました!
最近はフィルムカメラの「写ルンです」を片手に、新潟の日常を写真に収めるのが日課になってきています。

レトロな喫茶店での1コマ、サンダルで掃き掃除をするおじいちゃん、無機質なコンクリートの高架下でさえ、フィルムを通すことで粋な1枚へと変わります。
ぽてぽて歩きながらシャッターを切っていると、何だか時間がゆっくりに感じて、新潟の人間味のある街はとても絵になるなぁと思いました。

また、会津は盆地で、海の幸というよりは山の幸がメインの人生だったので、新潟に来てからは早速海の恵みを堪能しています。
(写真の後ろに父が写り込んでいますが・・・笑)

そして先月23日・・・
NST女子アナの登竜門 「こんやのニュース」でついにデビュー!
本番直前は、飛田アナや松尾アナに手取り足取りサポートしていただき、本当に心強かったです。

人生で最も長い1分45秒。
秒針が動くたびに、自分の心臓の音がドクドクと鮮明に聞こえてきました。
そして、夢が叶ったんだ!という達成感とともに、これまで感じたことのない凄まじい緊張感に襲われました…。
先輩アナウンサーからは、まるで鳩が豆鉄砲を食ったような表情だったと笑われてしまいましたが
「初心忘るべからず」という言葉を胸に、今後もあの感覚を忘れずに精進したいと思っています!

これからは、スタジオを飛び出して新潟県内を元気に駆け巡っていきます。
今は、はやく新潟県の皆さんとお話しして、様々なことを学びたいとうずうずする毎日です!

ぜひ街で見かけた際には、声をかけてください!
新潟のあれこれを皆さんの視点から教えていただけると、とても勉強になります♪

どうぞ、よろしくお願い致します!

長谷川珠子

長谷川 珠子のブログをもっと見る >