長谷川 珠子Hasegawa Tamako

長谷川 珠子
Profile
8月27日生まれ/福島県会津若松市出身/0型/おとめ座
長谷川アナに質問

私はこんなアナウンサー

"食べること"が私の何よりもの原動力です!
幼い頃から大のお米好きで、珠子という名の通り立派な丸顔に育ちました。新潟の美味しい物をお伝えする際はテレビの前の皆さんがつい「1口ちょうだい!」と言ってしまうような食べっぷりをお見せできるよう頑張ります!

趣味・特技

趣味:自分の限界に挑戦する大食い・フィルムカメラ・ホットヨガ
特技:モダンバレエ(15年間続けていました)・利き米・演劇

信条・モットー

「努力の分だけ花が咲く」
中学時代、部員たった5人の弱小新体操部で奮闘していた頃に学び得た言葉です。コツコツと練習に励み、引退試合で最高記録を残せた時に、どんな無謀な挑戦も努力次第で大輪の花を咲かせられるのだと、身を持って感じました。

視聴者の皆さんに一言

すぐお隣の福島県会津若松市から新潟県に強い憧れを抱いてやって来ました!これからは、「人を良くすると書いて、食と読む」という言葉があるように、新潟の皆さんの朗らかな人柄を作り上げた新潟の食文化にたくさん触れていきたいと張り切っています!どうぞよろしくお願いします!

最近のブログ

大地のキャンバスに描く”感じる”アート2022年5月18日

こんにちは!
最近は暖かい日もあり半袖を着られることに喜びを感じています!
長谷川珠子です。

皆様、大型連休はいかがお過ごしでしたか?

私は「大地の芸術祭 越後妻有2022」に行ってきました!

新潟に来て、自然を5感で感じる機会が多くなりましたが
十日町の空気の美味しさは格別です。

ずっと行ってみたかった「星峠の棚田」に足を運びましたが
実際に見ると、透き通る水田に青空が反射して、まるで鏡のよう。

きっと、夕焼けや夜空になればまた違った表情を見せてくれると思います。

そして清津峡にも。

トンネルの中はひんやりと涼しく、土や鉄のにおいで少し重苦しい雰囲気。
しかしトンネルの最後に、うっすら張った水の上を歩いて際まで行くと、広がる絶景に目を奪われ
本当に心が洗われるようでした。

十日町の広大な大地をキャンバスにして描かれるアート作品。
 ”見る” というよりは ”感じる” アートだと思いました。

開催修了の11月まではまだ時間はあるので
春夏秋冬で自然のアートを感じたいと思います。

また、NST公式YouTubeチャンネル「だいすき!にいがた!チャンネル」では
NGT48の新キャプテン藤崎未夢さんといく「ガタログです!」佐渡旅編が公開中です!

是非、ご覧ください♪

長谷川 珠子のブログをもっと見る >

長谷川 珠子のブログ

一覧へ