県内ニュース

新潟県内ニュース

《続報》警察署の車庫を全焼 原因は保管していたリチウムイオン電池から発火か【新潟・三条市】

2022年12月05日 13時53分更新

11月21日、三条警察署の車庫が全焼した火事で、三条警察署は5日、出火の原因は車庫の中にあったリチウムイオン電池から発火した可能性が極めて高いと発表しました。

この火事では車庫にあった警察車両3台のほか、保管していた交通事故にあった車とバイクも全焼しています。

火事の発生当時、車庫のシャッターは閉まった状態で、中から燃えていたことから放火の可能性は低いと考えられていました。

警察によりますと、車庫は13カ所に分かれていて、出火元となった部屋の焼け跡から単三電池ほどの大きさがあるリチウムイオン電池が3本発見され、そのうち2本は内部からの力で開いた穴があったということです。

この場所では警察車両のタイヤのほか、交通事故に関する衣類や靴などの証拠品を保管。警察は以前、証拠品のリュックの中にモバイルバッテリーのような物があったことは確認していましたが、今回の火事との関連は分かっていません。

三条警察署の家老直貴署長は5日、「今回の三条警察署の車庫火災については、住民の皆様に大変なご心配とご迷惑おかけいたしました。また、建物や保管中の証拠品などを焼損させるに至り、深くお詫びを申し上げます。今回の火災の原因は、車庫内で預かり保管していたリチウムイオン電池から発火した可能性が極めて高いと認められたことから、今後、証拠品などを含めた物品や調査の安全管理を一層強化し、同種事案の防止に努めてまいります」とコメントしています。