県内ニュース

新潟県内ニュース

  • 県高野連 春の高校野球県大会の中止を発表

    2020年4月4日 12時12分更新

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け県高校野球連盟は4日、春の高校野球県大会を中止すると発表しました。中止の理由について県高野連の富樫信浩会長は新型コロナウイルスの集団感染のリスクが払拭できないことや部活動の休止期間が長く生徒がけがをするリスクが高まっていることなどをあげました。春の大会は夏の大会のシード校を決める対象となっているため県高野連はシード校については今後検討していくとしています。

  • 新型コロナウイルス 新たに3人感染確認

    2020年4月3日 20時04分更新

    3日、感染が確認されたのは燕市に滞在している20代の女子学生と新潟市内に滞在している20代の女子学生、そして新潟市江南区に住む60代の無職の女性の3人です。このうち燕市滞在の女子学生は先月東京から、新潟市滞在の女子学生は先月チェコから帰国したあとに県内を訪れていて、県と新潟市はそれぞれ県内を訪れる前に感染したと見ています。 県外から訪れている人の感染が相次いで確認されたことを受け、3日県庁で開かれた対策本部会議で花角知事は「感染が拡大している地域から本県に帰省される方や転勤等により転入される方について2週間程度、できるだけ外出を控えること」と話しました。また、花角知事は帰省・転入した人のほか同居者に対しも健康観察を徹底するよう呼びかけています。初めての感染者が確認された燕市では市内の小中学校について、3日から1週間程度休校期間を延長。一方、新潟市内の小中学校と県立学校については予定通り6日に再開する方針です。

  • 性的マイノリティのカップル パートナー認定第1号

    2020年4月2日 20時01分更新

    新潟市は1日に性的マイノリティのカップルをパートナーと認める「パートナーシップ宣誓制度」を始め、第一号のカップルが誕生しました。第一号カップルとなったのは、異性も同性も好きになるバイセクシュアルの女性と、女性として女性のことを好きになるレズビアンです。新潟市を含め含め、現在は全国47の自治体で性的マイノリティのカップルをパートナーとして認める制度を導入しています。

  • ブラジル渡航 外国籍の50代男性感染

    2020年4月1日 20時49分更新

    新潟市は1日、新たにブラジルへの渡航歴がある外国籍の50代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。この男性は3月上旬から仕事でブラジルのサンパウロへ行っていて、22日に成田空港に到着。23日に上越新幹線を使って新潟駅に戻り、自家用車で帰宅しました。その後26日に発熱し検査したところ、1日に陽性が確認されたということです。新潟市は「自宅に戻ってから外出等はしておらず、濃厚接触者は最小限」としています。県内の感染者は合わせて32人となりました。

  • FM PORTが6月末で放送終了へ

    2020年4月1日 12時35分更新

    新潟県民エフエム放送が今年6月末で放送を終了すると発表しました。2000年12月に放送を開始した新潟県民エフエム放送は、多くのリスナーに「エフエムPORT」の愛称で親しまれてきましたが近年、厳しい経営状況が続いていました。大口スポンサーの撤退も決まり、今後の経営改善が望めないことから放送の継続を断念することになりました。新潟県民エフエム放送は6月30日の放送を最後に20年の歴史に幕を下ろすことになります。

  • 山沿いで降雪 新潟市の”桜”開花宣言は?

    2020年3月29日 19時13分更新

    29日の県内は午前中、寒気の影響を受け山沿いを中心に雪が降りました。新潟市では午後から晴れ間が広がるなか気象台の職員が桜の開花状況を確認しました。寒気の影響を受け山沿いを中心に雪となった午前、南魚沼市では除雪をする人の姿も見られました。29日午後4時までの24時間に降った雪の量は津南町で23cmなどとなっています。一方で新潟市中央区では午後から高気圧に覆われた影響で晴れ間も見え公園で遊ぶ家族連れの姿が見られました。気になる桜の開花状況について新潟地方気象台の職員が標本木を確認しましたが、観測史上最速の開花宣言とはなりませんでした。気象台は30日も開花状況を確認する予定です。