県内ニュース

新潟県内ニュース

  • 村上市の家屋被害調査 約7割終了

    2019年6月24日 20時45分更新

    今月18日に最大震度6強を観測した村上市は24日、災害対策本部会議を開き被害状況などを確認しました。り災証明書を交付するための調査については対象となる644戸のうち24日までに全体の約7割にあたる428戸で終わっていて、このうち半壊が10戸、一部損壊が362戸にのぼっています。村上市の高橋邦芳市長は「引き続き油断することなく市民生活が1日も早く日常に戻るよう取り組んでいく」と話しています。り災証明書の発行は26日にはじまる予定です。

  • 富山の姉妹 山菜取りで遭難 妹は下山も…姉は行方不明

    2019年6月24日 20時43分更新

    23日糸魚川市に山菜取りに出掛けた富山県の50代と60代の姉妹が遭難しました。妹は自力で下山しましたが姉はいまも見つかっていません。行方不明になっているのは富山県黒部市の67歳女性です。23日午後6時ごろ「67歳と56歳の姉妹が蓮華温泉方面に山菜取りに出掛けたまま戻らない」と家族が警察に通報しました。妹は24日午前2時すぎ、自力で下山しました。警察によりますと妹は打撲や擦り傷などの軽傷を負っていて「途中で姉とはぐれ自分の居場所もわからなくなった」と話しているということです。警察と消防は24日午前5時から10人態勢でドローンを活用するなどして捜索を行いましたが発見には至らず、濃霧のため午後3時前に捜索を終了しました。25日は午前6時から捜索を再開する予定です。

  • チームにいがた り災証明書発行のため被害状況調査

    2019年6月23日 18時51分更新

    村上市府屋など山北地区の4つの集落すべての住宅を対象に23日、り災証明書を発行するための被害状況調査が始まりました。調査は村上市や県の職員のほか県内16市町村から「チームにいがた」として派遣された職員が特に被害が大きかった屋根の崩れなどを重点に住宅の被害をチェックしていました。23日は166戸の調査が行われ、半壊が4戸一部損壊が142戸だったということです。調査は25日まで行われ、り災証明書の発行は今月26日から行われます。また、23日は地震で発生した災害ごみの受け付けも始まりました。災害ごみの受付は来月21日までの予定です。

  • 昨季までJ2アルビでプレー ターレス選手が事故死

    2019年6月23日 18時00分更新

    今シーズンはブラジルのポンチ・プレッタでプレーしていたターレス選手。アルビレックス新潟などによりますとターレス選手は現地時間の今月22日、リオデジャネイロ市内で発生した交通事故により死亡したということです。24歳でした。ターレス選手は昨シーズンまでアルビでプレーしていてリーグ戦34試合に出場し4得点を挙げる活躍を見せていました。アルビレックス新潟は「ご冥福をお祈りし謹んでお知らせ申し上げます」とコメントしています。

  • 新潟市西区で住宅火災 1人死亡

    2019年6月23日 14時19分更新

    23日午前6時すぎ、新潟市西区坂井の無職上村幸子さん(79)の家から「煙が出ている」と消防に通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。警察によりますと上村さんは長女・次男・三男の4人暮らしで、火事のあと46歳の次男と連絡が取れていないということです。警察は遺体が次男とみて身元の確認を急ぐとともに消防と火事の原因を詳しく調べています。

  • 震災後初の週末 ボランティアが手伝う姿も

    2019年6月22日 18時26分更新

    村上市で震度6強を観測した地震から22日で5日目。被災地では雨が降る中、復旧作業を行う人の姿が見られました。村上市ではボランティアセンターを開設していませんが、中には熊本県から訪れたボランティア団体も。22日は高齢者が暮らす家を訪ね雨どいに詰まったゴミを取り除く作業などを行いました。住民は「屋根が壊れて雨漏りしていたので助かった」と話していました。村上市では23日からり災証明を発行するための住宅被害調査が行われます。