新潟県内ニュース

県央基幹病院 整備概要を発表

14.8.29 16:32更新

県は三条市や燕市など県央地域の医療体制を整備するため燕労災病院と三条総合病院を再編し、救命救急センターを併設した県央基幹病院を設置することにしています。県が29日に発表した県央基幹病院の整備に向けた概要によりますと、病院の場所はJR燕三条駅と北陸自動車道・三条燕ICの近くで面積は約5万u。平成30年代のできるだけ早い時期に開院できるよう県は調整・準備を進めていきます。泉田知事は会見で「病院の役割・機能が十分に発揮でき、圏域住民の理解が得られる場所が必要。」と話しました。県は今後、医師確保に向けて県外の大学や病院などに対して基幹病院への医師の派遣を要請することにしています。

▲Page Top

アルビ松原選手 アギーレJAPANに初選出

14.8.28 21:8更新

アギーレ新監督率いるサッカー日本代表メンバが28日発表され、23人の代表のうち県内からはアルビレックス新潟の松原健選手が初めて選ばれたほか三条市出身でドイツ・ブンデスリーガのシュツットガルトで活躍する酒井高徳選手も選ばれました。21歳の松原選手は今年1月、大分トリニータから期限付き移籍でアルビに加入。サイドバックとして正確なクロスを武器とし攻撃的なプレーが持ち味の期待の選手です。選ばれた新生日本代表は来月国際親善試合でウルグアイ代表などと対戦します。

▲Page Top

羽越線踏切で列車と乗用車が衝突 けが人なし

14.8.28 21:7更新

28日午前7時半すぎJR羽越線の箱岩川踏切で普通列車が踏切の中に入って停止していた普通乗用車と衝突しました。列車は約100メートル通過して停止。乗客約300人と乗務員にけがはありませんでした。また車を運転していた新発田市の50代の女性会社員は脱出して無事でした。この影響で約1時間に渡り羽越線の新発田駅と中条駅間の上下線で運転見合わせとなりました。

▲Page Top

日本文理ナイン ベスト4を報告

14.8.28 21:6更新

甲子園の試合日程の影響で3日遅れの始業式を迎えた日本文理高校ではベスト4入りした文理ナインの報告会が開かれました。齋藤清校長は「投打のバランスのとれたプレーやサヨナラホームランなどいくつものみなさんのプレーは県民の皆さんに大きな感動を与えた」とねぎらいの言葉をかけました。大井道夫監督は「みなさんの応援が本当に選手を後押しし励ましたと思います」と生徒たちに感謝の意を表しました。日本文理は10月に行われる長崎国体への出場が決まっています。

▲Page Top

避難者の心のケアを・・・三県知事会議

14.8.28 21:5更新

新潟・福島・山形の3県による知事会議が28日胎内市で開かれ、東京電力・福島第一原子力発電所の事故による避難者支援や風評被害対策について意見を交わしました。避難者の心のケアを充実させるため3県で連携して相談員のスキルアップを図ることや受け入れ自治体への財政支援と風評被害払しょくのための情報発信を国に働きかけることなどを確認しました。

▲Page Top

北陸新幹線 来年3月14日に開業決定

14.8.27 20:18更新

JR東日本などは27日、北陸新幹線を来年3月14日に開業すると発表しました。新幹線の運行計画によりますと、県内の上越妙高駅と糸魚川駅には東京〜金沢間を1日14往復、長野〜金沢間を1日1往復する「はくたか」が停車します。しかし、東京と金沢を最も早く結ぶ「かがやき」は県内の駅には停車しません。また、新潟と金沢を結ぶ特急「北越」などが廃止され、新たに新潟と上越妙高を結ぶ特急「しらゆき」が運行されます。

▲Page Top