県内ニュース

新潟県内ニュース

  • 暑さに備え緑のカーテン設置

    2016年5月25日 12時09分更新

    新潟市役所で25日、緑のカーテンが設置されました。幅約9メートル、高さ約8メートルで地下1階から地上1階まで覆います。今年は葉が大きく、密度の高いアサガオとヘチマの苗合わせて24株が植えられました。新潟市役所では緑のカーテンを2010年から毎年設置していて、去年はカーテンの内側が外側より最高で4℃ほど涼しくなったということです。緑のカーテンは7月下旬には葉が1階部分を覆い、花も見頃を迎えるということです。

  • 県内企業の海外進出を支援

    2016年5月24日 19時00分更新

    新潟市中央区で24日、日本貿易振興機構・JETROと長岡技術科学大学、国際大学による包括連携協定の調印式が行われました。包括連携協定を通してJETROの専門的な知識や情報と大学の人材や技術を利用しながら県内企業の海外進出を支援します。3者はそれぞれベトナム・ハノイに拠点を持っていることから、ベトナムでは現地の日系企業向けのセミナーなどを開く予定です。

  • 不登校児童・生徒の支援体制を協議

    2016年5月24日 19時00分更新

    県庁で24日、不登校児童や生徒の支援のあり方を協議する会議が初めて開かれました。文部科学省のまとめによりますと、2014年度に学校を30日以上欠席した不登校児童や生徒の数は県内の小学校で436人、中学校では1692人となっています。会議では地域の特性や時代背景などを踏まえ、現状に合わせた支援体制に向けて意見が交わされました。次の会議は12月初旬に開かれます。

  • 性的少数者・LGBTの理解求める

    2016年5月24日 19時00分更新

    性的少数者の団体・LGBT48が24日、新潟市の篠田昭市長と面会しました。LGBT48は性的少数者が過ごしやすい社会の実現に向けて活動しています。メンバーは篠田市長に悩みや現状・活動内容を報告しました。篠田市長は「切実度が非常に高く問題意識の幅も増えた」と話し、LGBT48のイベントにも参加する意向を示しました。

  • 離島航路の支援拡充を求める

    2016年5月24日 12時00分更新

    佐渡市で23日、11年ぶりに全国離島振興協議会の通常総会が開かれました。総会には新潟県から三浦基裕市長や粟島浦村の本保建男村長が出席。総会では離島航路の支援拡充や航空路の維持確保などを求める特別決議を採択しました。全国離島振興協議会は全国の離島にある市町村など142の自治体で構成され、離島の振興や維持に必要な要望や提案を行っています。

  • 各地で気温上昇 熱中症に注意

    2016年5月24日 12時00分更新

    県内は24日、高気圧に覆われ各地で気温が上がっています。午前11時現在の最高気温は上越市安塚で28.3℃、新潟市中央区で27.3℃などとなっています。日中の予想最高気温は長岡市や上越市高田で30℃、新潟市で27℃などと予想されていて、新潟地方気象台は熱中症に注意を呼びかけています。