最近のブログ

「新人」~騎手とアナウンサー2021年4月23日

春の嵐が吹き荒れた先週末・・・
競馬場での仕事でしたが、実況席には雨が吹き込む、暴風による視界不良とテレビカメラの揺れ・・・
競馬の仕事としてはこれまでで一番過酷な放送回となった。

そんななか、地元デビューをしたのが23年ぶりの県出身ジョッキー 永野猛蔵騎手。
7Rで地元初勝利!収録実況したが、外から猛然と追い込む永野騎手の姿をみつけると
馬名よりも騎手名が自然と口から出た「外からタケゾーがきた!」

前日には 女性ジョッキー3人が史上初めてワンツースリー決着。
3人のうち、2人は新人ジョッキー!こちらも「生」で実況したが3人の女性騎手を名前で表現、
競馬はまさに人馬一体のスポーツなのである。
春の新潟競馬は7週間のロングラン開催、新人騎手の活躍に注目!

ところでこの春、NSTアナウンサーにも新たに2人の仲間が加わった。
3月初めから研修をスタートしいよいよ夜のニュースでデビューする。
私も32年前の新人アナ時代を思い出す。

毎日、繰り返し繰り返しの発声練習。
「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」と口の開き方を何度も練習し、
その後に文章やニュースの訓練を毎日行う。
ラジオアナウンサーが出発点だったが、訓練から丸3ヶ月して放送デビューはわずか「10秒」。

しかし、この10秒が今の自分につながっている。
競泳の池江璃花子選手の日本選手権で優勝を決めたときの涙の言葉
「努力は必ず報われる」・・・

この春、様々なカタチで新生活を始めた皆さんのデビューを応援します!