最近のブログ

スマイルジャックの子ども2018年5月14日

春の新潟競馬が開催中、
6日の新潟大賞典(GIII)ではスズカデヴィアスが優勝、
重賞22度目の挑戦で初勝利を挙げた。
ジョッキーは三浦皇成騎手。
新潟での重賞勝利は2009年の関屋記念以来となる。

その関屋記念でコンビを組んだのがスマイルジャック。
そう、日本ダービー2着で番組「スマイルスタジアム」で名前をつけた1頭だ。
引退後、1年間だけ種牡馬生活を送ったジャック、
2頭の牝馬が誕生、2歳になったことし、早ければ競走馬デビューをすることになる。
内1頭の名前は「スマイルベティ」と決まったそうだ。

調教師も厩務員もジャックと同じ・・・
管理する小桧山調教師によりますと、
順調にデビューに向けて成長を続けているそうで
なんと、早ければジャックと同じ夏の新潟競馬でデビューできるとか!

この世に2頭しかいないスマイルジャック産駒。
楽しみいっぱいである。