県内ニュース

新潟県内ニュース

〈新潟の天気〉今シーズン最強寒波 1月25日は大雪・吹雪・高波に警戒 防寒対策も!

2023年01月24日 19時06分更新

石黒菖気象予報士がお伝えする〈新潟の天気〉

1月24日、今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、新潟県内は昼すぎから雪が強まっています。24日の状況を見ていきましょう。

【24日の状況】
正午の天気図なのですが、西にある低気圧が発達しながら移動したことで次第に等圧線の間隔が狭くなり、強い冬型の気圧配置となっています。そのため風も強く、佐渡市で28.6m/s、新潟市で24.7m/sの非常に強い風が吹きました。 

また、この強い冬型の気圧配置に加えて、強い寒気も加わり、平地でも大雪が予想されるー12℃の寒気が、お昼には佐渡の上空にまでかかってきていました。そして、この寒気が次第に南下してきています。

衛星で見てみると、大陸から流れ込む寒気が強ければ強いほど、日本海で発生する筋状の雲と大陸との距離が近くなるのですが、すき間がほとんどなく、強い寒気が流れ込んでいるのが分かります。

さらに動かしていくと、大陸からの雪雲が県内に次々に流れ込んで来るのが分かります。そのため平地でも雪が降り、山沿いでは積雪が急増しているところがあります。

〈積雪の深さ(24日午後5時現在)〉
上越(高田)では、夕方から雪が一気に10cm積もりました。短時間で雪が積もっており、25日にかけてもさらに積雪増えていきそうです。

【24日夜以降の天気】
すでに強い冬型の気圧配置となっていますが、それが24日夜、25日も続く予想です。等圧線の間隔が細かい縦縞となるため、北寄りの非常に強い風が吹くでしょう。

さらに、今シーズン一番強いと言われている寒気は、24日夜から25日にかけて流れ込みそうです。

―12℃が平地でも大雪となる目安なのですが、日本付近をすっぽりと覆い、そのうえ、―18℃という今シーズン一番の寒気が佐渡の近くにかかって来る予想です。

ちなみに、前回の去年12月の大雪のときは、新潟付近にー9℃以下の寒気が流れ込んでいたため、それよりも5℃以上強い寒気が流れ込む予想となっています。

詳しく見ていきましょう。

24日夜から見ていくと、上越や中越の山沿いを中心に降り方が強まっていたのが、次第に下越の山沿いにも広がっていきそうです。そして、平地でも雪が降り続き、いったん止んでも、またすぐに降り出すでしょう。

〈予想最大降雪量〉
▽24日夜~25日夕方 山沿い90cm/平地60cm
▽25日夜~26日夕方 山沿い70cm/平地50cm

さらに26日の夜から27日の夜にかけても降雪が予想されており、しばらく雪が降り続き、積もりやすい状態となります。そして、25日も風が強い予想です。

〈波と風〉
25日にかけても、最大瞬間風速が下越で最大35m/sの非常に強い風が予想されています。これに加えて雪が降るため、24日のようなホワイトアウトの状態になりやすくなります。

そして波も26日まで6m/sと大シケになる予想なので、海沿いには決して近づかないようにしてください。様子も見に行かないようにしましょう。そして、25日はもう一つ…

〈予想最低気温〉
新潟市の予想の気温のグラフですが、日中も気温が氷点下前後となる予想です。そして各地同じような傾向になっており、各地で最高気温が氷点下となるおそれがあります。

水道管の凍結の目安はー4℃と言われているのですが、そこまで気温が下がらなくても凍結することがあります。24日のうちに備えをして、25日はしっかりと防寒対策をお願いします。

【25日のポイント】
大雪・吹雪・高波に警戒が必要です。そして気温は日中も氷点下より低くなり、異常な寒さとなります。防寒対策をお願いします。