県内ニュース

新潟県内ニュース

新潟初開催!バンクシーの作品が集結 写真撮影もできる♪【新潟市】

2022年12月09日 18時55分更新

ストリート・アートの申し子・バンクシーの作品などを集めた展覧会が10日に新潟市のデパートで始まります。

沖縄など各地で大盛況となっている「バンクシー&ストリートアーティスト展」。

社会風刺や政治的なメッセージを作品を通して発信を続けるバンクシー。

その一挙手一投足が世界から注目されています。

【松尾アナウンサー】
「正体不明のストリートアーティスト・バンクシー。その作品の数々が新潟に集まりました」

NST開局55周年を記念して10日、新潟市中央区の新潟伊勢丹で、この展覧会が始まります。

会場には展示されているのはヨーロッパのコレクターから集めたバンクシーの作品66点に加え、積極的な活動で評価を高めているストリートアーティストの作品33点です。

この展覧会の最大の特徴は。

【松尾アナウンサー】
「(カメラ音)動画を撮ることはできませんが、会場内にあるすべての作品の写真を撮ることができます」

撮影NGという展覧会が多いなか、今回は自由に写真を撮影することが可能。こちらはバンクシーの中でも有名な作品の一つですが。

【松尾アナウンサー】
「希望の象徴とも言われている風船と少女。この作品をモチーフにした写真スポットも設置されています」

作品単体の撮影だけでは無く自ら少女役となり絵の世界観に浸ることもできます。

一方で「撮影」にまつわるこんな興味深い作品も。

【松尾アナウンサー】
「展示されているバンクシーの作品を見てみますと、絵が多い印象を受けますが、なかには写真もあります。実はこれバンクシー本人なんです」

顔は隠されていますが、撮影されたこの場所が創作活動を行う拠点なのでしょうか?

様々な想像をかき立てる作品が並ぶこの展覧会は10日から1月14日まで新潟伊勢丹で開催。貴重な作品を思い思いに撮影し自分だけの一枚として楽しむのも良いかもしれません