県内ニュース

新潟県内ニュース

《速報》倒れてきたゴミピットの扉の下敷きに…作業をしていた37歳男性が窒息死【新潟・長岡市】

2022年11月25日 10時39分更新

新潟県長岡市のゴミ処理場で25日朝、ゴミをゴミピットに入れる作業をしていた37歳男性が倒れてきた扉の下敷きになり、死亡しました。

死亡したのは長岡市の会社員・阿部和紘さん(37)です。

阿部さんは25日午前5時ごろ、長岡市から委託を受けているゴミ処理場・鳥越クリーンセンターのプラットホーム内で収集されてきたゴミをゴミピット内に入れる作業をしていたところ、何らかの原因で倒れたゴミピットの扉の下敷きになりました。

他の作業をしていた従業員が、扉の下敷きになっている阿部さんを見つけ、消防に通報。阿部さんはすぐに病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。死因は胸腹部圧迫による窒息死でした。

警察は扉が倒れた原因はネジの緩みか老朽化の可能性があるとみて、業務上過失致死の疑いも視野に捜査しています。