県内ニュース

新潟県内ニュース

JR東日本が赤字路線の収支を発表 羽越線の村上~鶴岡で最大約50億円の赤字【新潟】

2022年11月24日 15時55分更新

JR東日本は24日、2021年度の利用者が少ない線区の経営情報を発表しました。

新潟県内では飯山線、羽越線、越後線、上越線、只見線、磐越西線、弥彦線、米坂線の8路線・11区間で1日1キロあたりの平均乗客数を示す輸送密度が2000人未満で赤字でした。管内では35路線・66区間が対象となっています。

各線区の収支
《飯山線》
戸狩野沢温泉~津南 8億6300万円の赤字
津南~越後川口 8億5100万円の赤字
《羽越線》
新津~新発田 9億500万円の赤字
村上~鶴岡 49億9800万円の赤字
《越後線》
柏崎~吉田 12億7700万円の赤字
《上越線》
水上~越後湯沢 15億9200万円の赤字
《只見線》
只見~小出 7億1500万円の赤字
《磐越西線》
野沢~津川 9億500万円の赤字
津川~五泉 10億170万円の赤字
《弥彦線》
弥彦~吉田 1億2400万円の赤字
《米坂線》
小国~坂町 5億3600万円の赤字