県内ニュース

新潟県内ニュース

〈新型コロナ〉新潟県3029人の感染発表「警戒すべき状況」 状況が悪化した場合の対応を協議

2022年11月22日 18時36分更新

新潟県内では11月22日、新たに3029人の新型コロナウイルス感染が発表されました。県は感染状況がさらに悪化した場合の対応について専門家と協議しています。

22日、新たに感染が発表されたのは県内で合わせて3029人で、一日の新規感染者数としては約3か月ぶりに3000人を超えました。

年代別では10歳未満が最も多い599人で、次いで10代が578人などとなっています。

また、22日現在の病床使用率は47.1%で、重症は6人、中等症は52人に。花角知事はこの日の会見で、県内の医療への負荷がかなりかかっているとの認識を示しました。

【花角知事】
「非常に警戒すべき状況という風に思っている」

一方、全国的にも感染が拡大する中、国は11月、新たな対応として「医療ひっ迫防止対策強化宣言」を設定しました。

これは病床使用率がおおむね50%超える〈レベル3〉と認められた場合に都道府県が発令するもので、感染リスクの高い場所への外出自粛などを呼びかけます。

【花角知事】
「(部局が)いま専門家の皆さんと意見交換をしているというふうに聞いている。どういう対応を取っていくのか、これから整理していきたい」

県は引き続き基本的な感染対策の徹底や積極的なワクチン接種の検討を呼びかけています。