県内ニュース

新潟県内ニュース

記録的な大雨で“温泉旅館”にも被害… お盆を前に営業再開の見通し立たず【新潟・関川村】

2022年08月04日 18時53分更新

記録的な大雨に見舞われた新潟県関川村。一時、氾濫危険水位を超えた荒川の付近に位置する温泉旅館も被害を受け、営業再開の見通しが立たない状況となっています。

茶色く濁った水が勢いよく流れている荒川。この先にあるのが関川村にある鷹ノ巣温泉の喜久屋です。

猛烈な雨が降り続いた3日夜、荒川の水位は一時、氾濫危険水位を超えました。

【喜久屋 小山泰喜さん】
「雨の音もすごかったが、川の音の方がすごかった。真っ暗で、音もすごいので本当に身の危険を感じるじゃないが、今までにない経験」

こう話すのは、副館主の小山泰喜さんです。

荒川が近くで流れ、露天風呂付きの離れの部屋が人気の温泉宿。しかし、この雨で清流は濁流に。堤防が一部決壊し、自慢の露天風呂は…

【喜久屋 小山泰喜さん】
「この壁はこちらについていたもの。堤防決壊を確認したのが3日夜8時ごろ。そのころは暗くて確認に行かなかったが、朝4時半ごろ確認したらこの状態だった」

川の水位が上がったことから、3日に宿泊していた4人は避難させ、人的な被害はありませんでした。それでもお盆シーズンを前に起きた今回の記録的な大雨…

【喜久屋 小山泰喜さん】
「休館日も設けてはいたが、(予約は)ずっと入っていた」

旅館の予約は9月まで入っていたと言いますが、雨による被害は大きく、営業再開の時期は見通せていません。

【喜久屋 小山泰喜さん】
「予約のキャンセルの電話もいっぱい来ていて、皆様残念がっている。ぜひ復活して、何とか皆様にお越しいただきたいと思っている」