県内ニュース

新潟県内ニュース

軽油貯蔵タンクの地下配管から多量の軽油が流出【新潟・長岡市】

2022年06月30日 10時47分更新

29日午前9時すぎ、長岡市小貫に軽油貯蔵タンクを設置している業者が地下配管から多量の軽油が流出したと長岡市に通報しました。

長岡市が現地を確認したところ、地下配管から流出した油が地表ににじみ出し、一部が農道脇の側溝から農業用水路を通じて、下流の稚児清水川に流出していることが分かりました。

長岡市は農道脇の側溝に吸着マットを設置、新潟県の長岡地域振興局が稚児清水川にオイルフェンスを設置しています。

長岡市は町内会などを通じて、周辺の住民や農業関係者に注意喚起したほか、発生源となった業者に対して、軽油流出による汚染土壌はすべて新しい土壌へ入れ替えるよう指導しました。