県内ニュース

新潟県内ニュース

いじめ見逃しゼロへ 全校集会で児童が“思いやりの心”学ぶ「いじめはなくなるといい」【新潟市】

2022年06月22日 18時57分更新

新潟市の小学校で22日、いじめ根絶に向けた集会が開かれ、児童たちがいじめを見逃さず、思いやりの心を持つことの大切さを学びました。

新潟市中央区の新潟小学校で開かれたのは、いじめ見逃しゼロ集会です。いじめをしたり、いじめを見逃したりせず、思いやりの心を育んでもらおうと企画され、3年ぶりに全校児童での実施となりました。

【絵本の読み聞かせ】
「冷たい言葉は心をキュンと小さくするよ まるでブルドーザーに踏みつぶされた花みたい だけど誰も何も思わなかった 本当にそれでいいのかな?」

絵本の読み聞かせを通じて、思いやりについて学んだあとは…

【桶屋美圭アナウンサー】
「相手の気持ちをよく考え、楽しい学校生活を送るためにはどうしたら良いのか、児童たちが自ら意見を出し合います」

【児童の話し合い】
「みんなが良い気持ちで過ごせること、ない?遊びに誘う!いいね!」

学年混合の班に分かれて話し合った児童たち。

【児童は】
「改めて、いじめのことをみんなで話し合えて、いじめはなくなるといいなと思った」
「どうしたらいじめはなくなるかな?みんなが相手のことを思いやって行動したらいいと思う」
「だめだよ(と言う)。ごめんねと言ったら、次はやらないでね、と言います」

この集会は児童たちにとって、改めて、“いじめない・いじめを見逃さない”ことの大切さを学ぶ、良い機会となったようです。