県内ニュース

新潟県内ニュース

新潟市秋葉区で33.4℃など、新潟県内13地点で真夏日に 海水浴場では涼をとる人も

2022年06月22日 18時43分更新

立候補者たちの熱い戦いが始まった22日、県内は気温も上がり、午後6時現在で、13の地点で真夏日となりました。新潟市の海水浴場には、涼をとる人の姿が見られました。

【齋藤正昴アナウンサー】
「新潟市西区の小針浜海水浴場です。現在午後1時半を過ぎころですが、熱い日差しが照り付け、手元の温度計は30℃を超えています」

高気圧に緩やかに覆われ、晴れ間が広がった県内。暖かい空気が流れ込んだ影響で気温も上がりました。

最高気温は、新潟市秋葉区で33.4℃、湯沢町で33.2℃と今年最高を更新。県内28の観測地点のうち、午後6時現在、13地点で30℃を超える真夏日となりました。

【海水浴場へ訪れた人は】
「気持ちいいですね。今日天気良かったから、水着とか持って来れば良かったなって」
「今までで一番暑いですかね。今年の夏がどれくらい熱くなるのか、怖いなって感じですね」
「熱中症にならないように、水分補給めっちゃしたい」

県内は、23日も気温が上がる見込みで、最高気温は長岡市や上越市高田で30℃、新潟市中央区で29℃と予想されており、引き続き熱中症に注意が必要です。