県内ニュース

新潟県内ニュース

〈BUZZトピ〉祭りの定番“ポッポ焼き”が進化! 贈答用に開発した『ももポッポ』とは?【新潟】

2022年06月21日 19時14分更新

SNSなどで話題となっている情報をお伝えする〈BUZZトピ〉

今回は新潟県民のソウルフードとも言えるポッポ焼きについて。このポッポ焼きを進化させたお菓子がネットでも話題となっています。自動販売機でも販売が始まった新定番のお菓子を取材しました。

新潟県のお祭りの定番・ポッポ焼き。この進化系のお菓子が販売されているのが…

【長谷川珠子アナウンサー】
「新潟市中央区の和食料理店に新たな自動販売機が設置されました。牛すじやボロネーゼなど料理もありますが、隣には『ももポッポ』とあります」

ボタンを押して出てきたのは…

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
「お店の名前にちなんだ、ももふくのポッポ焼き」

新潟市中央区の日本料理店に設置された自動販売機で20日販売が始まった、その名も『ももポッポ』。

桃の形をしたポッポ焼きということですが…

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
Q.桃の味は
「残念ながら桃の味はしない」

頂いてみると…

【長谷川珠子アナウンサー】
「表面はかりっとしているんですが、中は本当にしっとりとした食感。黒糖の香りはとっても芳醇、でほんのりとお酒の香りが鼻から抜ける感じがしました」

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
「“新潟福福糀プレーン味”を隠し味で使っています」

ももポッポには自家製の甘酒を使用し、甘酒の発酵の力でふっくらした食感を作り出していると言います。

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
「新しい付加価値を付けることで、お祭りでの食べ歩きという感じではなく、人に贈っても喜ばれる、ももぽっぽ焼きという形で作っている」

定番のポッポ焼きを贈答用にと開発され、店では今年1月から販売。当時、新型コロナウイルスにより売り上げが落ち込む中、ももポッポの販売により…

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
「細く長く少しずつ売れれば良いなと思ったんですけど、予想以上に売れている」

まさに店の救世主に!

特に県外からの注文が多いと言います。

新潟県民に愛されるソウルフード。形を変えても、モモポッポには「ふるさとを感じてほしい」という思いが込められています。

【新潟風物詩 ももふく 湯川暁さん】
「お祭り以外のところで、ほっこり昔を思い出していただける、幸せな時が戻ってくるようなお菓子にしたいと思っている」