県内ニュース

新潟県内ニュース

〈新潟県知事選挙 告示〉現職・花角氏と新人・片桐氏が立候補 第一声は?

2022年05月12日 11時55分更新

任期満了に伴う新潟県知事選挙が12日告示されました。これまでに現職と新人の2人が立候補を届け出ています。

県知事選挙には届け出順に、いずれも無所属で現職の花角英世さんと新人の片桐奈保美さんの2人が立候補しています。

新潟駅前で第一声を上げた花角さん。自民党や野党の一部などの支持を受け、1期4年の実績を強調。県政をさらに前に進めると訴えました。

【現職 花角英世 候補】
「この新潟には間違いなく潜在的な力がある。住んでいることを誇りに思い、魅力を感じて訪ねて来ていただける、大勢が訪ねて来ていただける、そうした住んでよし・訪れてよしの新潟県を目指してまいりたい。改めて次の4年間も、私に県政の舵取りをお任せいただきたい」

一方、新潟駅南口広場で第一声を上げた片桐さん。共産党と社民党の推薦を受け、柏崎刈羽原発の再稼働反対を前面に訴えます。

【新人 片桐奈保美 候補】
「私は柏崎刈羽原発がもし万が一攻撃されて、新潟県民が逃げ惑う姿、そんなものは見たくない。そんなことになってはいけない。本当にそのことを思って立候補することにしました。女性が働きやすくて、生き生きできるような、そんな社会になって、私は明るい新潟をつくっていく自信があります」

選挙戦では花角県政に対する評価や柏崎刈羽原発の再稼働問題などが主な争点となっています。

立候補の受け付けは12日午後5時までで、投開票は5月29日に行われます。