県内ニュース

新潟県内ニュース

〈新潟県知事選挙〉告示前日で県選管が“受付”リハーサルも 「県民の代表が決まる大事な選挙」12日告示

2022年05月11日 18時45分更新

12日に告示される県知事選挙の準備が進んでいます。県選挙管理委員会は11日、投票を呼びかける看板を設置したほか、立候補受付のリハーサルを行いました。

11日午前、県庁の正面で設置作業が行われていたのは、知事選への投票を呼びかける看板です。

【齋藤正昂アナウンサー】
「看板は県庁へ向かう道路の脇に設置されました。巨大な看板に投開票日が赤字で記されていて、存在感があります」

看板の大きさは縦1.4メートル/横2.7メートル。県選挙管理委員会は、県庁正面のほか、ショッピングモールなど、県内合わせて18カ所に看板や懸垂幕などを設置して、投票を呼びかけます。

前回の投票率は、全体で58.25%でしたが、18歳と19歳そして20代前半では、30%ほどにとどまっています。

【県選挙管理委員会 河村健太郎 主事】
「県民の皆様の代表を決める大切な選挙になりますので、これまであまり選挙や政治に関心が無かった方々にも、今回是非投票に行って頂いて、自分の大切な一票を投じていただければ」

午後からは立候補受付のリハーサルも実施。職員が候補者役を演じ、届け出の順番を決めるくじ引きのやり方や、腕章や表示板などの選挙活動に必要な道具を渡す手続きを確認しました。

立候補の受付は、12日午前8時半からです。