県内ニュース

新潟県内ニュース

元理事長の男 法人の資金約960万円を自身の口座に移す 3度目の逮捕に「何も思い出せない」【新潟市】

2022年05月11日 17時52分更新

自身の預金口座に社会福祉法人の資金を流用した疑いで、新潟市西区に住む86歳の男が再逮捕されました。

社会福祉法違反の疑いで再逮捕されたのは新潟市西区の社会福祉法人・啓真会の元理事長、徳山啓聖容疑者(86)です。

徳山容疑者は2018年5月から2020年1月までの間、自身が管理する寺の利益を図る目的で、啓真会の預金口座から21回にわたり、合わせて約960万円を流用した疑いが持たれています。

警察の調べに対し徳山容疑者は「何も思い出せない」と話し容疑を否認しています。

徳山容疑者はこれまでに、同じ容疑で今年2月と3月にも逮捕されています。