県内ニュース

新潟県内ニュース

「直江津に商店街はない」発言で波紋… 上越市・中川市長が商店街関係者に陳謝【新潟】

2022年04月28日 19時02分更新

新潟県上越市の中川幹太市長が地元商店街をめぐり、「直江津の商店街はもうない」などと発言し、波紋が広がっています。

19日、商店街の将来について考える意見交換会に出席した上越市の中川幹太市長。

そのなかで、高田本町商店街を「ITやデジタル分野の最先端企業が集積する街にするべき」としたうえで、次のような発言をしたと言います。

【上越市 中川幹太 市長】
「若い世代で高田本町商店街を中心市街地と思っている人はいないと思う。直江津の商店街はもうない」

この発言が波紋を呼び、28日、商店街関係者などが市長のもとを訪問。発言の真意を問いただしました。

【直江津商店連合会 新井康祐 会長】
「あまりにもストレートパンチ過ぎて非常に驚いている」

中川市長は「商店街の生き残りを考えた発言だった」と釈明し、陳謝しました。

【上越市 中川幹太 市長】
「誤解を与えるような軽薄な言葉があった。そういう点については、本当にお詫び申し上げたい」

市長として商店街の未来を考えるならば、まずはこれまでの関係者の努力に対する敬意が必要と言えそうです。