県内ニュース

新潟県内ニュース

新潟の天気<お空にタッチ>1/14 大雪や吹雪に… 交通の乱れ・除雪中の事故など注意!

2022年01月13日 19時15分更新

清水祥太気象予報士がお伝えする新潟の天気<お空にタッチ>

【14日の天気】
強い冬型の気圧配置の影響で大気の状態が非常に不安定となっている新潟県内。今回の大雪の要因は日本海の上にあります。

13日は日本海上で風同士がぶつかり合うことで雪雲が発生・発達。ひときわ、白く太い雪雲の帯が形成され、それが次々と県内に流れ込んで来ていて、上・中越を中心に大雪となっています。

《雪の予想》
14日朝にかけて発達した雲が西からやってくるため、引き続き上・中越の山沿いを中心に雪の降り方が強まりやすくなっています。

そしてその後、14日の日中は再び北寄りの風が強まってくる影響で、雪雲が山沿いに押し込まれます。このため山沿いで雪が降り続きやすくなっています。

ただ、ようやく14日の夜、日付が変わるころから雪のやむ所が多い見込みです。

予想される最大降雪量は13日夜~14日夕方にかけて、佐渡や上・中・下越の平地で15~40cm、山沿いで50~80cmなどとなっていて、14日までが大雪のピークです。

《風・波の予想》
14日にかけて気圧の傾きが大きくなるため、再び北寄りの風が強まるでしょう。12日のような暴風レベルではありませんが、夜まで強い風が吹きそうです。

予想される最大風速は下越・佐渡で18m/s、上・中越で13m/s。

また、風の影響で波も下越・佐渡を中心に高く、5~6mとシケの状態が続きそうです。

【14日のポイント】
大雪や吹雪による交通機関の乱れ、除雪中の事故、落雪・雪崩などに注意!