県内ニュース

新潟県内ニュース

新潟の天気<お空にタッチ>1/13 風やや弱まるも“大雪”に注意・警戒を!

2022年01月12日 19時40分更新

清水祥太気象予報士がお伝えする新潟の天気<お空にタッチ>

【13日の天気】
12日に比べ、やや風は弱まりますが、風同士が日本海でぶつかり合うことで、雪雲が発生・発達。これが流れ込むため、特に午後から雪の降り方が強まる傾向です。

13日からは大雪にも注意・警戒となります。

《風・波の予想》
陸上で予想される最大風速は下越・佐渡で18m/s、上・中越で13m/s。

これは時速に換算すると約45~60km、また瞬間的には時速90km以上の風と予想されています。

12日に比べると弱い予想ですが、風に向かって歩きにくかったり、地吹雪により見通しが悪化したりするような強さはありそうです。

また波に関しても12日よりは少し低くなりますが、それでも5~6mの予想。

シケの状態は続くので、高波や船便への影響にお気をつけください。

《予想最大降雪量》
今夜からあすの夕方にかけて佐渡や上・中・下越の平地で10~30cm、上・中・下越の山沿いで40~60cmなどとなっています。

特にあすの午後から降り方が強まり、上・中越の山沿いで量が多くなりそう。大雪による交通機関の混乱や除雪中の事故などに注意・警戒です。

《発雷確率》
大気の状態が非常に不安定となるため、県内は上越を中心に雷が鳴りやすい予想です。落雷や停電などにも注意してください。

【13日のポイント】
風はやや弱まりますが、上越や中越を中心に大雪に注意・警戒してください。