県内ニュース

新潟県内ニュース

“NIIGATA光のページェント”点灯! 26万球が冬の新潟を彩る

2021年12月03日 19時11分更新

3日、新潟市中央区のけやき通りを彩る『NIIGATA光のページェント』の点灯が始まりました。杉山アナウンサーがお伝えします。

【杉山萌奈アナウンサー】
新潟駅南口のけやき通り、すっかり落葉したケヤキはたくさんのLED電球をまとっています。11月から取り付け工事が行われ、その数はなんと26万個。

12月に入って気温が一段と下がった感じがしますが、こうした寒い冬の新潟を明るく温かくしたいという思いで『NIIGATA光のページェント』が始まりました。今年で34回目を迎えます。

26万個の電球が灯ったけやき通りは、左右の木々が中央に向かって伸びていて、トンネルのよう。約200本の木々が1kmにわたって連なっていて、光の道ができています。

夜になり寒さは増していますが、温かみを感じるオレンジの光。まばゆい光が街を彩っています。

そして、今年もどこかにハートの形をした電球が2つ隠れています。

場所は毎年違うのですが、見つけたら“幸運が訪れる”とも言われているので、ぜひ見上げて探してみてください。

《NIIGATA光のページェント》
来年1月31日(月)まで/午後5時~翌午前0時半

これから雪が降ったり積もったりすると、イルミネーションの見え方も変わってきます。

姿を変えていくけやき通りに足を運んでみてはいかがでしょうか。