県内ニュース

新潟県内ニュース

新潟県 荒れた天気で落雷による住宅火災も… 25日夜遅くまで土砂災害に警戒

2021年11月25日 17時40分更新

雨が降り続いた25日の新潟市中央区。

冬型の気圧配置や寒気の影響で、25日の県内は大気の状態が非常に不安定となりました。

こうしたなか、加茂市芝野では未明、落雷による火事が発生しました。

【記者リポート】
「2階の軒下部分、外壁が剥がれて穴が開いているのが分かります。そして、1階の屋根部分に、その外壁が落ちているのが確認できます」

住民2人にケガはありませんでしたが、住宅の天井裏の一部が焼けました。

警察によりますと、テレビのアンテナに雷が落ちたとみられるということです。

【住人】
「聞いたこともないような、おそろしい音だった。ここに火が見えて、火を消すのが精一杯だった」

火事が起きた当時、加茂市を含め、県内全域に雷注意報が発表されていて、現在も継続しています。

26日も冬型の気圧配置は続き、県内では雨や雷を伴う所がある見込みです。

26日正午までの24時間に降る雨の量は、多いところで下越100ミリ、中越80ミリ、上越・佐渡60ミリと予想されています。

すでに県内では、新発田市赤谷で降り始めからの雨量が200ミリを超えていて、下越と中越では25日夜遅くまで土砂災害に警戒が必要です。