県内ニュース

新潟県内ニュース

寒気の影響は週末まで… 新潟県内は24日も大荒れ 高波に警戒を

2021年11月23日 19時00分更新

【記者リポート】
「新潟市中央区です。体がよろけてしまうほどの強い風が吹いています」

冬型の気圧配置や寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定となった23日の県内。

最大瞬間風速は新潟市西蒲区巻で29メートル、胎内市中条で21.5メートルと3つの地点で11月の観測史上最大を観測しました。

また海上は大しけとなり、午後6時半現在も村上市や佐渡市などに波浪警報が、佐渡市には暴風警報も発表されています。

県内は24日も荒れた天気が続く見込みで、最大風速は県内全域の海上で20メートルと予想されているほか、波の高さは6メートルと予想されています。

新潟地方気象台は25日にかけて県内全域で高波に警戒を。下越と佐渡では24日にかけて強風に注意・警戒を呼びかけています。

一方、寒気の影響を受けたのは山沿いでも。

湯沢町では山の頂上付近で雪が降り、白く雪化粧した様子が見られました。

24日も山沿いでは雪が降る見込みで、24日午前6時までに降る雪の量は、中越と上越の山沿いで最大5cmと予想されています。