県内ニュース

新潟県内ニュース

〈にいがた新鮮組〉贈答用にも! 新潟を代表する果物“ルレクチエ” 仕上がりは例年以上

2021年11月22日 19時15分更新

気になる食の価格や旬の情報をお伝えする〈にいがた新鮮組〉

今回は新潟を代表する冬の果物『ルレクチエ』を紹介します。

早朝から威勢の良い掛け声が響く、新潟市中央卸売市場。

競りにかけられていたのは、19日に出荷が始まったばかりのルレクチエです。

【新潟中央青果 果実第一事業部 乙川寛昭 部長】
「今年のルレクチエは非常に天候に恵まれて、例年以上に糖度の高い年になっている」

今年は夏の日照時間が長く、台風の被害もなかったため、例年以上の仕上がりに。

一方、価格は例年と変わらず、12月上旬に出荷のピークを迎えます。

【新潟中央青果 果実第一事業部 乙川寛昭 部長】
「色が黄色いものがおいしいとされていて、重量が重たいものが糖度が高いとされている」

ただ、店頭に並んでいるものは、まだ食べ頃ではないものもあり、購入してから4日ほど常温で保存することで、よりおいしくルレクチエ本来の食感を楽しむことができるということです。

【新潟中央青果 果実第一事業部 乙川寛昭 部長】
「一番香りが強くなったときが、一番食べ頃。芳醇な香りと濃厚な甘味を楽しんでいただきたい」

県産の7割が県内で出回るルレクチエ。

普段、なかなか会えない人への贈答用にもオススメです。