県内ニュース

新潟県内ニュース

今年はお風呂で『ハロウィーン』気分! “恐怖の目玉ゼリー”に泣き出す子どもも…【新潟市】

2021年10月29日 18時49分更新

10月31日のハロウィーンが今年も目前に迫りました。

新潟市の入浴施設では、お風呂で気軽にハロウィーンの雰囲気を味わってもらおうと、力の入ったイベントを開催。子どもも泣き出す迫力とは?

新潟市秋葉区の入浴施設で29日に始まったハロウィーンイベント。それが…

【飛田厚史アナウンサー】
「ハロウィーンイベントの目玉は、恐怖の目玉ゼリー入浴剤です」

こちらで始まったのは『恐怖のハロウィーン風呂』。実はこの目玉…

【関越サービス温浴事業部 石添政子 統括マネージャー】
「スタッフの手作り。目玉ゼリーを試行錯誤して作った」

この目玉ゼリーはスタッフ自ら、ゼラチンと粉末の入浴剤などを混ぜて生み出した力作。最後は血のりで色付けです。

あまりの力作に、子どもが泣き出してしまう迫力に仕上がりました。

【利用客】
「目ん玉!目玉のおやじ。ツルツルして、いやらしい感じ」

大人は不気味な感触を楽しみます。

ここまで本気で取り組むのはこんな思いからです。

【関越サービス温浴事業部 石添政子 統括マネージャー】
「今の時期、大々的に出向いてというのは難しいと思う。その中でもクスッと笑って、楽しくなるようなイベントで盛り上げていきたい」

新型コロナウイルスの影響で屋外でのイベントなどが制限されるなか、「お風呂でハロウィーンの雰囲気を味わってもらいたい」その思いがこの目玉ゼリーには込められていました。

このほか安心して施設を利用してもらおうと、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書や画像を提示することで施設内利用できるポイントをサービスするなど、様々な試みを行っています。

また併設されたカフェでは…

【花の湯館 田辺直子さん】
「魔女が作った目玉クリームソーダ。飲んだ人それぞれ、感想をいただけたらうれしい」

【飛田厚史アナウンサー】
「さっぱり感のあるラムネのようで、親しみやすい味」

風呂上がりの一杯でも、ハロウィーン気分が味わえます。

このイベントは10月31日(日)まで開かれています。