県内ニュース

新潟県内ニュース

入院している子どものために… ドローン映像を配信 外出した気分に【新潟市】

2021年10月13日 19時00分更新

新潟市中央区で、病気の子供たちにドローン映像を配信する取り組みが行われました。

13日に行われたのは、新潟県立がんセンターに入院している子どもたちなど、約10人に対し、ドローンで撮影した新潟市上空の映像を配信する取り組みです。

これは、小児がん経験者の就労支援をする「ハートリンクワーキングプロジェクト」が、入院していて外に出ることが難しい子供たちに、外出した気分になってほしいという思いから始めました。

ドローンには、200倍までズームが可能なカメラを搭載。新潟市上空の映像を解説つきで届けました。

【ハートリンクワーキングプロジェクト 林三枝 事務局長】
「外出もなかなかできないところで、楽しいことがあまりない。そこで、こういう配信で喜んでもらえる。こちらも笑顔になってしまいます」

子供たちは約20分の空の旅を楽しみました。