県内ニュース

新潟県内ニュース

韓国発の人気スイーツ“クロッフル” 長岡市のカフェで販売 「おいしいより楽しい時間を」【新潟】

2021年10月13日 18時58分更新

韓国発の人気スイーツ『クロッフル』。

東京などで話題を集めていますが、今回は新潟県長岡市のカフェが作る、こだわりの『クロッフル』を取材しました。

【松尾和泉 アナウンサー】
「今年は、マリトッツォやマヌルパンなど、話題のスイーツが次々と登場しました。今回は、県内でも少しずつ人気を集めているスイーツをご紹介します」

その話題のスイーツ『クロッフル』とは…

見た目はワッフル、味や食感はクロワッサンという、韓国発祥の新感覚スイーツです。

長岡市のカフェでは、2種類のクロッフルが店内でもテイクアウトでも楽しむことができます。

【松尾和泉 アナウンサー】
「パイに近い。バターをたくさん使っているのに、後味がさらっとしている。とてもおいしい」

居酒屋も経営するオーナーの佐藤直記さん。新型コロナウイルス禍で居酒屋の客足が減ったため、ことし7月にカフェをオープンしました。

【午後からドルチェ 佐藤直記 オーナー】
「コロナ禍が、もし少しおさまって、お客様が戻って来たときに、少しでも今より、よりよいお店にしていかなければならない。そう思った時に、最初は1つのデザートとして開発を始めた」

そこで佐藤さんが目をつけたのが、東京で話題を集めているクロッフルでした。

【午後からドルチェ 佐藤直記 オーナー】
「食感・サイズ・味付けが、甘すぎてもきついし、うすくてもおいしくないので、砂糖の量とかにこだわって、試作を繰り返した」

店ではリピーターの獲得を目指し、トッピングを充実。10月上旬からは、クロッフルの上に塩アイスとマロンクリームがたっぷりとのっている『モンブランクロッフル』を新メニューとして提供しています。

【松尾和泉 アナウンサー】
「モンブランのこの甘みと、塩アイスの塩気が絶妙。このサクサクのクロッフルとまたいろいろな食感が楽しめて最高」

【午後からドルチェ 佐藤直記 オーナー】
「クロッフルを食べておいしいと思うよりも、クロッフルを食べたその時間がすごく楽しかった、という風に思って頂けるようなことが、提供できたらうれしい」

新型コロナウイルスの収束後を見据え、様々な挑戦をする飲食店。次はどんなスイーツが誕生するのでしょうか。