県内ニュース

新潟県内ニュース

「帰宅が遅い」と腹を立て… 30代女性に暴行した疑い 自称・建設業の35歳男を逮捕【新潟】

2021年10月13日 15時00分更新

新発田警察署は13日、知人女性を蹴るなどの暴行を加えた疑いで、自称・建設業の男を現行犯逮捕しました。

暴行容疑で逮捕されたのは、新潟県胎内市に住む自称・建設業の男(35)です。

男は13日午前1時前、新発田市に住む知人女性(30代)の自宅アパートで、この女性を殴ったほか、倒れたところを複数回蹴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

女性は腰を打撲するなどの軽傷です。

警察によりますと、男と被害女性は現場アパートで同棲していて、事件当日はそれぞれ別の場所で酒を飲んでいましたが、先にアパートに到着した男が“女性の帰宅が遅い”と腹を立て、暴行に及んだということです。

被害女性の110通報で事件が発覚。

男は「自分はやっていない」と話し、容疑を否認しているということです。

警察が事件の詳しいいきさつを調べています。