県内ニュース

新潟県内ニュース

柔道家から“大相撲”へ! 北越高校・斉藤光太さん 伊勢ヶ濱部屋へ入門「強くなりたい」【新潟】

2021年10月12日 19時22分更新

新潟県の北越高校3年生で柔道部の斎藤光太さんが大相撲・伊勢ヶ濱部屋に入門することが決まり、会見で抱負を語りました。

伊勢ケ濱部屋の入門会見に臨んだ、北越高校3年生の斎藤光太さん。

実は、小学校からずっと“柔道家”なんです。

【北越高校3年 斎藤光太さん】
Q.これまで相撲をとったことは
「ない。ほかの武道をやってみたい。(武道の中で)一番強いのが、相撲なんじゃないかと」

「強くなりたい」という思いが人一倍強いと言う斎藤さん。

2年生の後半、柔道部の顧問に「相撲に興味がある」と相談し、毎年伊勢ケ濱部屋が彌彦神社で合宿を行っているつながりから入門を希望したということです。

【伊勢ヶ濱親方】
「柔道部から入門する子は結構いる。私も柔道をやっていた。柔道は体力的にきついから、相撲の稽古も十分ついて来られるんじゃないか」

【北越高校3年 斎藤光太さん】
「つらいときに食いしばって頑張ってきた。食いしばるというところは柔道も相撲も同じ。そこの気持ちを忘れずに頑張っていきたい」

こうした真面目さを親方も評価。

新潟で弟子をとることは念願だったと言います。

【伊勢ヶ濱親方】
「ずっと新潟から弟子をとりたいと思っていた。一生懸命、指導して横綱を目指して頑張ってほしい」

斎藤さんは11月の九州場所で、前相撲デビューを果たす予定です。