県内ニュース

新潟県内ニュース

<柏崎刈羽原発>侵入者を検知する設備 長期間の機能喪失が111件 復旧まで最長で337日【新潟】

2021年09月25日 18時25分更新

柏崎刈羽原発で、侵入者を検知する設備が長期間機能を失っていた問題。

東京電力が設置した第三者検証委員会の報告書によりますと、故障から復旧まで30日以上かかる事案が2018年度以降111件発生し、復旧までの期間は最長で337日に及んでいたということです。

また社員が他人のIDカードを不正に使用し中央制御室に入っていた問題については、2009年以降、ほかにも12件の類似事例を確認。いずれもカードの取り違えが原因で、意図的なものではなかったということです。

東京電力はこれらの検証結果を踏まえ今月22日、原子力規制委員会に再発防止策をまとめた報告書を提出しています。