県内ニュース

新潟県内ニュース

全校児童で“稲刈り”に挑戦! 上級生から下級生へ受け継がれるコメづくり【新潟・見附市】

2021年09月14日 18時46分更新

14日、新潟県見附市で行われたのは、上北谷小学校の全校児童28人による稲刈りです。

“食への関心”を高めるために、毎年コメを育てている上北谷小学校。

5月に児童たちが植えた苗が大きくなり、収穫の時を迎えました。

【松尾和泉アナウンサー】
「日ざしも出て稲刈り日和となったきょう。皆さん一生懸命、稲を刈っています。上級生は毎年刈っているだけあって、スムーズに行っています」

上級生が経験の浅い下級生に指導しながら、もち米『こがねもち』の稲を丁寧に刈り取っていきました。

【児童】
「稲を刈るときにザクってなるところがおもしろい」
「いっぱいとれて楽しいし、お餅とかになるのでうれしい。毎年やれて」

また今年が最後の稲刈りとなった6年生は…

【6年生は…】
「5年生とか4年生に、これからもこの行事を頑張ってほしい」

上級生から下級生へと受け継がれていく、上北谷小学校のコメづくり。

収穫したコメは10月の文化祭で販売されます。