県内ニュース

新潟県内ニュース

村上・胎内沖に“洋上風力発電”整備へ 国の“有望区域”に選定 新潟県内では初

2021年09月14日 12時01分更新

新潟県とともに洋上風力発電の誘致を進めてきた村上市と胎内市。

国はこのほど、村上市から胎内市まで幅約18kmの海域を洋上風力発電導入の検討を進めるべき“有望な区域”に選定しました。

今後は自治体や漁業関係者による協議会が発足し、漁業への影響調査などを経て合意が得られれば、国が重点的に整備を進める“促進区域”に指定され、事業者の募集に入ります。

有望区域への選定は県内では初めてで、順調に協議や工事が進めば運転開始は約10年後となる見込みです。

花角知事は「2050年のカーボンニュートラルを目指す上でも、利害関係者の皆様の合意が得られ、洋上風力発電の導入が実現することを期待しております」とコメントしています。