県内ニュース

新潟県内ニュース

幸福度を高めて業績アップ!? いま注目の“幸福経営” 新潟市が体験型講習会を開催

2021年09月13日 18時53分更新

新型コロナウイルスの影響で働き方が変わるなか、いま注目されているのが“幸福経営”と呼ばれる考え方です。

新潟市は13日、この幸福経営についての体験型の講習会を開きました。

新潟市が開いた講習会には、幸福経営に関する市のモデル企業に選ばれた、ネイルサロンを営む会社の社員が参加。

【講師】
「(幸福経営は)事業の経営や方向性の中でも重要な観点と言われていて、注目されている」

キーワードになるのが“幸福経営”。

働くうえでの存在意義などを高めることで、社員の幸福度とともに業績アップにつなげるという考え方です。

この日は参加した社員がどういうときに幸福感を感じるのか自己分析したほか、雑誌を参考にしながら、どのような職場環境が社員の幸福感につながるのかを話し合いました。

【アヴィ 兼平朋美 代表取締役】
「まずは自分たちがどういうことをしていたら楽しいのか、ワクワクするのか、働きがいがあるのかとか、自分自身を知ることがこれからの会社への強みだったり、生産性に還ってくると思う」

新潟市は今後、幸福経営に取り組むモデル企業の取り組み状況を調査し、市内の企業にその効果を示していく方針です。