県内ニュース

新潟県内ニュース

〈J2アルビ〉山形に1ー2で逆転負け 谷口のゴールで先制も追加点奪えず…【新潟】

2021年09月13日 18時50分更新

サッカー明治安田生命J2リーグ・アルビレックス新潟は11日、ホームでモンテディオ山形と対戦しました。

【桶屋美圭アナウンサー】
「今シーズンも残すところ、あと3分の1となりました。2位との勝ち点差を縮めるためにも、課題となっているゴール前の質にこだわり、3試合ぶりのゴール・勝利を目指します」

ホームに山形を迎えたアルビ。

序盤からロメロ選手や本間選手が特長を生かし、サイドで相手を引きつけ攻撃のチャンスをつくります。

すると試合開始10分、早川選手が相手ディフェンスの背後に抜け出した高木選手へロングパス。その高木選手からのクロスを谷口選手がダイレクトで押し込み、先制点を奪います。

しかし前半35分、左サイドを突破されると、クロスを山形・アラウージョ選手に押し込まれ、同点に追いつかれます。

その後はゴール前で決定機をつくりながらも追加点を奪えないアルビ。

同点で迎えた後半15分、ピンチの場面でゴールキーパー阿部選手が止めますが、その1分後でした。

華麗なパス回しで中央を突破され、最後は山形・山田選手の技ありのシュート。痛恨の逆転を許してしまいます。

「今年こそ昇格を」と願う約1万人のサポーターの前で負けられないアルビは、最後まで果敢に攻め続けましたが、再びゴールネットを揺らすことはできず1-2で敗れました。

【早川史哉 選手】
「自分たちとしては点が取りたくて急ぎすぎた。前がかりになってスペースが空いたところを非常にうまく使われた」

【谷口海斗 選手】
「次の試合が来るので、しっかり準備をして結果を求めてやるしかない」

アルビは現在3位で、2位京都との勝ち点差は10に。

次節は9月19日(日)、東京ヴェルディと対戦します。