県内ニュース

新潟県内ニュース

世阿弥ゆかりの佐渡市 薪能が上演 幻想的な舞が披露【新潟県】

2021年09月12日 19時02分更新

能楽の大成者・世阿弥が流された島として知られ、江戸時代に能が広く発展した佐渡市では夏場、市内の各地でかがり火をたき、能が上演されています。

11日は両津地区の椎崎諏訪神社で、地元の能の愛好家など17人が舞台に立ちました。
女性の姿をした三輪明神が天岩戸の神話を語りながら神楽を舞う演目「三輪」が演じられました。

【観客】
「室内の能もいいが、やはり外の薪と能舞台、最高です」

11日は約160人が鑑賞に訪れ、秋のひととき、幽玄の世界に魅了されていました。