県内ニュース

新潟県内ニュース

〈新型コロナ〉新潟県新たに24人感染 県外由来も…「第5波の入り口に」夏休みの県外移動は慎重に

2021年07月21日 18時45分更新

県内で21日に新たに感染が発表されたのは新潟市で19人、南魚沼市で3人、村上市で2人の計24人です。

このうち新潟市の4人と村上市の2人は、クラスターが発生した障害者福祉施設の関連で、この施設関連の感染者は17か所・34人に上っています。

また新潟市では、県外に往来していた3人の感染が確認されていて、いずれも県外で感染したとみられています。

【新潟市 保健衛生部 野島晶子 部長】
「日本全体の感染者の拡大が、新潟にも影響が及んできたと考えています」

一方、南魚沼市の3人はクラスターの発生しているスポーツ教室の参加者などで、関連する感染者は18人となりました。

また、懸念されているインド型変異ウイルス・デルタ株について、県のスクリーニング検査で新たに13人が陽性だったことがわかりました。

【県 感染症対策・薬務課 星名秋彦 課長】
「いずれデルタ株に置き換わっていくと思う。まさに第5波の入り口に入っているといっても差し支えないと思います」

感染者が再び増加傾向にあるなか、ほとんどの小学校は22日から夏休み。移動が増える時期を前に、県は改めて感染対策の徹底を呼びかけています。

【県 感染症対策・薬務課 星名秋彦 課長】
「都道府県をまたぐような往来は、慎重にご判断をして頂きたいと思います」

県内の累計感染者は3645人となりました。