県内ニュース

新潟県内ニュース

柏崎刈羽原発 “今年度の再稼働は断念” 東京電力『新たな経営再建計画』再稼働の時期示さず

2021年07月21日 18時51分更新

東京電力は21日、新たな経営再建計画を発表しました。

「遅くても今年度中」としていた柏崎刈羽原発の再稼働を断念。目標時期についても明示しませんでした。

東京電力は21日に会見を開き、経営再建計画をまとめた第4次の「総合特別事業計画」を発表しました。

【東京電力 小早川智明 社長】
「引き続き柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を目指して参りますが…」

柏崎刈羽原発の再稼働について、2017年に認定を受けた第3次計画では、早ければ2019年度、遅くても今年度までに行う見通しでした。

しかし第4次計画では今年度の再稼働は断念。収支見通しを示すために、再稼働の時期を7号機は来年10月、6号機は2024年4月と仮定するにとどめています。

【東京電力 文挟誠一 副社長】
「現時点で再稼働時期の目標を申し上げる段階にはございません」

東電が再稼働をめざす柏崎刈羽原発をめぐっては、核物質防護の不備などが相次いで発覚。

是正措置命令が発出され、追加検査が必要なことから、早期の再稼働は不可能な状況です。

【東京電力 小早川智明 社長】
「エネルギーの供給全体の中では原子力力エネルギーの活用は非常に重要。しっかりと改革に努めてまいりたい」