県内ニュース

新潟県内ニュース

感染症対策で出荷台数↑ “加湿器” 正しいお手入れ方法は? おうち時間に掃除を!【新潟】

2021年05月04日 19時22分更新

感染症対策のため、この冬は加湿器の出荷台数が増えました。

そろそろ押し入れにしまう時期ですが、その前に肝心なのがお掃除。その理由とポイントをプロに聞きました。

乾燥するほど飛沫が広がりやすいと言われるなか、感染症対策としてこの冬注目されたのが「加湿器」です。

全国の出荷台数は昨年度、前の年に比べ160%と急激な伸びを見せました。

【ダイニチ工業 中川花美さん】
「新型コロナウイルス感染症対策として、初めて買った方も多いと思いますので、片付けが不慣れな方もことし増えると思いますので、ぜひ正しい手順を覚えていただければ」

春になり、加湿器を片づける前にお手入れが必要だと話すのは、暖房機器や加湿器を生産するダイニチ工業の中川花美さん。

【ダイニチ工業 中川花美さん】
Q加湿器を手入れせずにしまったらどうなる
「カビや雑菌が繁殖してしまったり、それによって吹き出す風が臭ってしまったり、加湿量の低下など性能面に影響が出る場合がある」

そうなる前に加湿器のお手入れを!

方法は簡単です。

まず、タンクやトレイを水やぬるま湯で洗っていきます。

Q洗剤は使わなくてもいい
【ダイニチ工業 中川花美さん】
「基本的に水だけでしっかり落としていただければ大丈夫です」

続いては気化フィルターを洗います。フィルターには水あかなどの汚れが…。

【ダイニチ工業 中川花美さん】
「まずはぬるま湯の中にクエン酸を溶かします。クエン酸が溶けたら、気化フィルターを入れます。この状態で30分~2時間ほど浸け置きする」

汚れがとれたら洗い流し、風通しのよいところで乾かしてください。これでお手入れは完了。

連休中のおうち時間にひと手間かけることで、次のシーズンも安心して使用できます。

【ダイニチ工業 中川花美さん】
「この先も感染症対策は続けていかなければならないと思っています。(加湿器を今後も)清潔に使って頂くために、きちんとお手入れしていただきたいと思います」

中川さんによりますと、水あかにはクエン酸を。臭いが気になる場合は重曹を使ってお手入れをすると効果があるそうです。(方法はクエン酸と同様)