県内ニュース

新潟県内ニュース

長岡空襲から75年 長岡市で平和祈念式典 平和への誓い新たに【新潟】

2020年08月01日 20時21分更新

長岡市で開かれた平和祈念式典。

今年は感染症対策として人数を減らし、約200人が参列しました。

75年前の8月1日、長岡市をアメリカ軍が爆撃し、少なくとも1488人が命を落としました。

式典では当時11歳だった金子登美さんが経験を語りました。

【金子登美さん】
「(爆撃で)ドカーンと音がするたびに、耳と目をしっかり押さえて地べたに伏せました」

また市内の小中学生も参列し、平和への誓いを新たにしました。

【参列した中学生】
「(戦争体験を)私たちがしっかりと勉強して、次の世代にも引き継いでいけるようにしたい」

長岡市では1日夜、慰霊などの思いを込めた花火・白菊が打ち上げられます。