県内ニュース

新潟県内ニュース

雪残る妙高山系 “山開き”に向け安全祈願祭 山小屋では新型コロナウイルス対策も【新潟】

2020年06月30日 19時36分更新

山頂にまだ雪が残る妙高山系は7月1日、山開きの日を迎えます。

例年、山開きにあわせて山頂に御神酒を届け、ご来光を眺めるツアーを企画していますが、今年は新型コロナウイルスの影響でツアーは行わず、安全祈願祭だけが行われました。

また、今シーズンは2つある山小屋のうち、高谷池ヒュッテのみを営業。密を防ぐため定員を半分以下に減らし、マスクの着用を促します。

こうした対策をとったうえで、例年通り迎える山開き。この時期はハクサンコザクラやキヌガサソウなどが楽しめるといいます。

【妙高観光局 早津之彦 さん】
「無理をしないのが一番。自分のペースにあわせて、ゆっくり登ってもらいたいのと、水分だけはきちんと持っていってほしい」

場所によっては通行止めとなっているため、登山の際は、妙高観光局に確認するよう呼びかけています。