県内ニュース

新潟県内ニュース

県内の小中学校 授業の遅れ87時間分【新潟】

2020年05月23日 20時03分更新

県教育委員会は22日の定例会で新型コロナウイルスの影響について議論し、この中で4月から5月にかけての臨時休校による授業の遅れが報告されました。

授業の遅れは新潟市を除く県内の小中学校で平均3週間ほどで、授業数にすると約87時間分にのぼります。

各学校では対策として7限目の授業実施や、運動会などの行事を縮小し、準備時間を授業に充てることなどを検討しています。

また村上市、燕市、柏崎市と聖籠町は夏休みを短縮する方向で検討しているということです。