長岡開府四〇〇年・NST開局五〇周年記念
「徳川の栄華」-徳川家、日光東照宮、牧野家ゆかりの名品ー

アート 開催中

大坂夏の陣を経て、徳川氏によって天下が平定され、そのなかで元和4年(1618年)長岡藩に牧野氏が入封しました。牧野氏は徳川氏との関係も深く、9代忠精・10代忠雅・11代忠恭と藩主が3代続けて老中職を歴任するなど、江戸幕府にとって重要な位置にありました。
本展では、国宝・重要文化財を含む徳川家、日光東照宮、牧野家にゆかりの貴重な文化財約160点から、江戸時代の徳川氏と牧野氏の関係や、東照宮の広がりなどを振り返ります。
※期間中展示替えを行います。展示期間が限られている場合がありますので、ご了承ください。

 

新出資料の銀印「経文緯武(けいぶんいぶ)」が初公開されます!(9月15日~9月30日のみ限定展示)

http://nbz.or.jp/?p=18051

日時

9月15日(土)~11月4日(日)

会場

新潟県立歴史博物館

開館時間

9:30~17:00 ※観覧券の販売は16:30まで  

前売

一般700円

料金

一般 1,020円(810円)、高校・大学生 700円(560円)、中学生以下無料 ※(  )は20名以上の団体料金

主催

N S T、徳川の栄華展実行委員会、新潟県立歴史博物館、長岡開府400年記念事業実行委員会

特別協賛

協賛

共催

長岡市、長岡市教育委員会、新潟日報社

特別協力

(公財)徳川記念財団、日光東照宮

このイベントをシェアする!

  • Twitter
  • Facebook
  • google +
  • Line

NSTハウジングセンター