パンとカフェ シエール(NST店)のこだわり

シエールシエールのこだわり

"余計なものは加えない。大切なものには手を抜かない。"
それが、シエールの商品に対する姿勢です。

特別なもので、特別ではないものを作りたい。
素材は贅沢だけど、出来上がりは普段着感覚。
そんな商品作りを目指しています。

ここでは、当店の秘密・こだわりをこっそりお伝えします。



粉(強力粉):ゴールデンヨット

パンの主成分はもちろん小麦粉(強力粉)。
だからこそ、良質のとびきりの粉を使いたい。
そこで選んだのがパン用最強力粉、超高級強力粉と言われる"ゴールデンヨット"です。
粗蛋白を多く含むこの粉は、きめ細かく、ふっくら焼きあがるのが特長。ふんわりした食感にしっとり感が加わり、噛むほどに粉の旨味がひろがります。当店の強力粉は100%ゴールデンヨットを使用しています。
なお、ネットをみたら、家庭用に3kgなどでも販売しているようです。興味のある方はぜひ使ってみてくださいね。
”パンにこだわる貴方だからわかるこの品質をぜひ経験してください”とのことです。


バター:よつ葉バター(無塩)

粉に加えるバターは北海道産のよつ葉バター。
生乳の質が、製品の味を決めるバター。
北海道産の新鮮で栄養に富んだ生乳を生かして作られるよつ葉乳業のバターは、風味が良く高品質。牧場と隣接した工場で加工するため、鮮度の良い生乳からつくる自慢のバター。
「ほんもの」からしか生まれない「ほんもの」のおいしさを謳うだけあります。
このバターで、コクを加えます。

塩:天然天日塩 浜菱

味の決め手の塩には、天然天日塩浜菱を利用しています。
これは、中国・江蘇省の連雲港の塩田地帯で、昔ながらの入浜式塩田でつくられた天日塩です。
この塩田地帯は自然のままの綺麗な環境保全が厳しく義務付けられています。ここで、6ヶ月かけて結晶化され、さらに 6ヶ月かけて天日干しされます。こうしてできた大粒の結晶塩を食べやすく粉砕したものが浜菱です。
海水のミネラルを壊すことなく結晶化させているので、まろやかでほんのりと感じられる甘味が気に入っています。
この塩がパンの旨味を増します。

実は、当店のパン・ド・ターブル(シエール風食パン)、サンド用の丸パン、白パンには、フレッシュクリームを加えてまろやかさとコク、しっとりさを生み出しています。
中沢のフレッシュクリームは、北海道の牧場で育った乳牛の生乳からあつめた乳脂肪がおいしさの秘密。
生クリームの逸品として高く評価されています。
乳脂肪45%ならではのコクとまろやかな舌ざわりが、パンの生地に自然のままのおいしさをプラスします。

▲このページのトップへ

シエールフェイスブック
シエールツイッター
 シエールオーナーブログシエール モバイルサイト